auひかり

auひかりのWi-Fiに必要な機器は?ホームゲートウェイ、ルーター、モデム、LANケーブルの仕様と料金。


「auひかりに必要な機器は?」

「仕様や料金、接続方法を知りたい。」

こう考える人は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、auひかりでWi-Fiを使う方法や必要な機器をご紹介します。します。

 

この記事の内容

  • auひかりに必要な機器
  • 機器の利用料金と必要な手続き

 

【結論】auひかりのWi-Fiに必要な機器とレンタル料金は?

 

それでは、内容の前にまとめからです。

 

まず、auひかりに必要な機器は、ホームゲートウェイ、LANケーブル、ONU/モデムです。

しかし、全て公式から無料でレンタルされるので、用意する必要はありません。

 

続いて、auひかりのWi-Fi利用には、ホームゲートウェイの内蔵無線LAN(550円/月)を利用する必要があります。

しかし、auスマートバリュー加入者であれば、内蔵無線LAN利用料も無料です。

 

つまり、auスマホ利用者は追加料金なしでWi-Fiも使えます。

 

一方で、マンションのタイプEとタイプFの人のみ、Wi-Fiルーターを購入するかレンタル(550円/月)する必要があります。

理由は、ホームゲートウェイの内蔵無線LANを利用できないためです。

 

改めて、Wi-Fiに必要な機器と、レンタル料金をまとめました。

【auひかりに必要な機器とレンタル代】

タイプ 必要機器
レンタル代
ホーム(戸建て) ホームゲートウェイ
ONU
LANケーブル
内蔵無線LAN(※)
無料
マンション タイプG
都市機構G
ホームゲートウェイ
モデム
LANケーブル
内蔵無線LAN(※)
無料
ギガ
ミニギガ
ホームゲートウェイ
ONU
LANケーブル
内蔵無線LAN(※)
無料
タイプV
都市機構DX
ホームゲートウェイ
LANケーブル
内蔵無線LAN(※)
無料
タイプE
タイプF
ホームゲートウェイ
LANケーブル
Wi-Fiルーター
Wi-Fiルーターはレンタル(550円/月)もしくは自前で用意

※auスマートバリューの未加入時は550円/月

 

以上が、auひかりに必要な機器とレンタル代です。

 

レンタル品はご自宅のタイプに合わせて手配されるので、指定の必要もありません。

申し込みもとてもかんたんです。

 

最後に、タイプEやタイプFの人でも、無料でWi-Fiルーターをもらえる方法があります。

それは、限定特典サイトから『WEB申込』することです。

 

WiFi6対応の高性能ルーターがもらえる上に、限定キャッシュバックがあるので初期費用も節約できます。

なので、これから申し込みする人は、限定特典サイト経由で手続きしてくださいね。

 

もり

以下の専用リンクから移動できます。

限定キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

 

auひかりの申し込みで
5.2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用窓口のキャンペーンは一番お得でした。

調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

それでは、具体的に調べた結果をご紹介していきます。

 

auひかりは『ホームゲートウェイ』が必要。特徴や料金は?

 

まず、auひかりはホームゲートウェイのレンタルが必要です。

これは戸建てやマンションのタイプにかかわらずです。

 

ホームゲートウェイとは?なしでも使える?

auひかりのホームゲートウェイとは、『ひかり電話』機能付きの多機能ルーターです。

つまり、ホームゲートウェイがあることで、『インターネット』や『電話』などのauひかりの機能が使えます。

 

逆に、ホームゲートウェイなしでは、auひかりのインターネットや電話の機能が使えません。

 

なお、一般的なホームゲートウェイは、『ONU』や『モデム』の機能が付いたものもあります。

しかし、auひかりではONUやモデムは別の機器になります。

 

ONUやモデムの役割は、本記事の後半でご紹介します。

 

ホームゲートウェイの特徴は4つ

特徴は4つあるので、一つずつご紹介します。

 

[特徴1]ブロードバンドルーター機能でネットにつながる

ブロードバンドルーター機能により、パソコンやネットテレビを外部のインターネットつなぐことが出来ます。

この機能がないと、家庭のネットワークから他のネットワークへつながりません。

また、複数台のパソコンを外部につなぐ役割もあります。

 

[特徴2]光電話機能で『auひかり電話』が使える

光電話機能により、auひかり電話が使えるようになります。

auひかり電話は、auスマートバリューの加入条件でもあり、申し込んだ方がお得です。

よほどのことが無い限り、加入をおすすめします。

 

 

[特徴3]IPv4/IPv6デュアルスタック機能で高速通信できる

IPv4/IPv6デュアルスタック機能は、auひかりの高速で安定した通信をするための機能です。

auひかりは独自回線になっていて、この機能がないと速いネットワークにつなぐことができません。

【IPv4/IPv6デュアルスタックのイメージ図】

※引用元:ASCII×TECH

 

 

[特徴4]内蔵無線LAN機能でWi-Fiが使える

4つ目は、内蔵の無線LAN機能により、Wi-Fi機能が使えることです。

つまり、ご自身でWi-Fiルーターを用意する必要がありません。

 

注意しておきたいのは、内蔵無線LAN機能のありなしはホームゲートウェイの型番によることです。

型番は以下にまとめました。

【内蔵無線LANのあり・なし】

タイプ ホームゲートウェイ 内蔵無線LAN
ホーム(戸建て) BL1000HW あり
マンション タイプG、都市機構G BL1000HW あり
ギガ、ミニギガ BL900HW あり
タイプV、都市機構DX BL902HW あり
タイプE、タイプF BL170HV なし

 

内蔵無線LANがないタイプやホームゲートウェイの人は、ご自身でWi-Fiルーターを用意してください。

これから申し込む人は、契約時に内蔵無線LANが使える事を確認しましょう。

 

もり

auひかりのホームゲートウェイは、auひかり専用に作られています。

必ず使ってください。

 

ホームゲートウェイのレンタル料金は?

ホームゲートウェイの料金は月額基本料に標準で含まれています。

つまり、レンタル料金は無料です。

 

一方で、内蔵無線LANには550円/月の利用料がかかります。

ただし、auスマートバリューへ加入することで、利用料も無料になります。

【ホームゲートウェイのレンタル代】

  • ホームゲートウェイレンタル代
    ⇒無料(月額基本料に含まれる)
  • 内蔵無線LAN利用料
    ⇒550円/月(auスマートバリュー加入で無料)

 

ホームゲートウェイは購入できる?

購入できません。非売品であり、auひかりのレンタル専用です。

ただし、レンタル代はかかりませんので、購入する必要もありません。

 

念のためAmazonや楽天市場、ヨドバシカメラ、Yahoo!ショッピングのECサイトも確認しました。

しかし、販売されていませんでした。

 

ホームゲートウェイの申し込みから接続まで

ホームゲートウェイはauひかりを申し込むと、自動的に手配されます。

特別な手続きは、必要ありません。

auひかりは限定キャッシュバックがあるので、以下の専用ページから手続きしてください。

⇒auひかりの限定特典サイト

 

接続方法はホームゲートウェイの取扱説明書に記載されていますが、基本の接続方法をご紹介しておきます。

【auひかりのホームゲートウェイの接続方法(一例)】

※引用元:auひかり公式サイト

 

以上が、auひかりのホームゲートウェイの解説でした。

 

もり

ホームゲートウェイは、auひかりに必須のレンタル機器です。

ただし、レンタル料金は無料で、特別な申し込み手続きは必要ありません。

 

\このページ限定!5.2万円がもらえる/

<auひかり:正規代理店>

 

 

 

auひかりに『Wi-Fiルーター』は必要?料金と利用方法は?

 

続いて、auひかりのWi-Fiルーターの必要可否について調べました。

 

auスマートバリュー利用者は必要なし

まず、auスマートバリューのスマホ代割引に加入する人は、Wi-Fiルーターは必要ないです。

理由は、ホームゲートウェイに内蔵無線LANにより、Wi-Fiが無料で使えるためです。

【ホームゲートウェイ利用者はWi-Fi無料】

※引用元:auひかり公式サイト

 

なので、auスマートバリューに加入する人は、Wi-Fiルーターを準備する必要はありません。

追加のレンタル機器無しで申し込みしてください。

 

例外はマンションタイプEとタイプFの人

例外として、マンションタイプEとタイプFの人は、Wi-Fiルーターが必要です。

理由は、タイプEとタイプFのホームゲートウェイには、内蔵無線LANの機能が無いためです。

※引用元:auひかり公式サイト

 

つまり、タイプEとタイプFは、ご自身でWi-Fiルーターを用意する必要があります。

 

無料Wi-Fiルーターをもらう方法はある?

もらう方法はあります。

限定特典サイトからのWEB申込で、最新のWiFi6に対応したIO-DATAのルーターがもらえます。

【WiFi6対応の無料ルーター(IO-DATA製)】

詳しい仕様はここをタップ
項目 仕様
型番 WN-DEAX1800GR
有線LAN 規格 IEEE802.3ab(1000BASE-T)
IEEE802.3u(100BASE-TX)
IEEE802.3i(10BASE-T)
伝送速度 1000Mbps、100Mbps、10Mbps
インターネットポート RJ-45×1ポート
LANポート RJ-45×2ポート
無線LAN 規格 IEEE802.11ax Draft
IEEE802.11ac/n/a/g/b
通信周波数 5GHz帯:最大1201Mbps
2.4GHz帯:最大574Mbps
伝送速度 2.4GHz帯:1-13ch
対応プロトコル TCP/IP(IPv6/IPv4)
同時接続 推奨20台
一般仕様 形寸法 約W70×D145×H245mm
質量(本体のみ) 約340g
(スタンド含む)
消費電力 8.8W(Typ)
使用温度範囲 0~40℃
使用湿度範囲 10~90%
(結露しないこと)

※引用元:IO-DATA公式サイト(WN-DEAX1800GR)

 

なお、限定特典サイトからの申し込みは、キャッシュバックのみも選択できます。

Wi-Fiルーターが必要ない人でも、お得な申し込み窓口です。

 

おすすめのWi-Fiルーターは?【自前で用意する人】

おすすめルーターは、IO-DATAの無料ルーターです。

しかし、ご自身で購入を検討している人へ、おすすめルーターをご紹介しておきます。

 

おすすめはBUFFALOの(WSR-3200AX4S)

おすすめは、バッファローのWi-Fiルーターです。

最新規格のWi-Fi6でIPv6にも対応するので、auひかりの高速通信を十分に生かせます。

また、複数台のパソコンやスマホをつないでも、通信速度が落ちにくいです。

【バッファロー(WSR-3200AX4S)】

詳しい仕様はこちら
製品名 BUFFALO WiFi
無線LAN ルーター
型番 WSR-3200AX4S
概要 WiFi6対応の
スタンダードモデル
範囲 3階建(戸建て)/4LDK(マンション)
対応周波数 5GHz/2.4GHz
準拠規格 (無線)IEEE802.11ax/ac/n/a/g/b
(有線)Giga
最大転送速度 2401Mbps(5GHz帯)
800Mbps(2.4GHz帯)
最大接続数 WAN×1、LAN×4、Wi-Fi 21台
外形寸法(mm) W37.5×H160×D160
重さ 約390g
消費電力 15W(最大)

※引用元:BUFFALO公式(WSR-3200AX4S)

 

商品の購入ページは以下のリンクからです。

 

 

10ギガ・5ギガにおすすめのWi-Fiルーターは?

10ギガ・5ギガも、Wi-Fiルーターを準備する必要はありません。

auひかりのホームゲートウェイは、10ギガや5ギガのWi-Fi通信にも対応しているためです。

 

ただし、自前で用意したい人には、バッファローのWXR-5950AX1をおすすめします。

Wi-Fiだけでなく、有線LANもauひかりの10ギガや5ギガに対応しているためです。

 

10ギガや5ギガの詳細は、別の記事でもまとめています。

 

 

もり

改めると、auひかりでWi-Fiルーターを準備する必要はありません。

ただし、もし必要な方は、以下のリンクから手続きしてくださいね。

無料でWi-Fiルーターがもらえるのでお得です。

 

auひかりの申し込みで
5.2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

 

auひかりに『LANケーブル』は必要?おすすめのカテゴリは?

 

auひかりに必要なLANケーブルや規格をご紹介します。

 

LANケーブルは準備する必要なし

まず、auひかりではLANケーブルを用意する必要はありません。

理由は、レンタル品のホームゲートウェイにLANケーブルは付属するためです。

 

カテゴリ(規格)も十分なので、LANケーブルは付属品をそのまま使ってください。

ホームゲートウェイごとの付属品も一覧でまとめました。

【ホームゲートウェイと付属品一覧】

タイプ ホームゲート
ウェイ
付属品
ホーム(戸建て) BL1000HW ・LANケーブル(CAT6a)×1本
・電話線×1本
マンション タイプG、都市機構G
ギガ、ミニギガ BL900HW ・LANケーブル(CAT5e)×1本
・電話線×1本
タイプV、都市機構DX BL902HW ・LANケーブル×1本
・電話線×3本
・モジュラー分岐コネクタ
・インラインフィルタ
タイプF、タイプF BL170HV ・LANケーブル×1本
・電話線×1本

 

自前の人は『CAT6A』以上のLANケーブルを使う

LANケーブルを自前で用意する人は、『CAT6A』以上のカテゴリ(規格)のLANケーブルを使ってください。

CAT6A未満のLANケーブルだと、通信速度が遅くなる可能性があるためです。

 

カテゴリはLANケーブルに印字されています。

【カテゴリの確認方法】

 

具体的なLANケーブルの規格と通信速度も一覧でまとめました。

【LANケーブルの規格と通信速度】

カテゴリ
規格
通信速度 伝送帯域 auひかりで
使える?
CAT8
カテゴリー8
40Gbps 2,000MHz
CAT7
カテゴリー7
10Gbps 600MHz
CAT6A
カテゴリー6A
10Gbps 500MHz
CAT6
カテゴリー6
1Gbps 250MHz
CAT5e
カテゴリー5e
1Gbps 100MHz
CAT5
カテゴリー5
100Mbps 100MHz ×

 

auひかりにおすすめのLANケーブル

おすすめのLANケーブルは、BUFFALOのBSLS6AFU10BKです。

CAT6Aのためauひかりの高速通信を生かせる上に、コネクタの爪も折れにくいです。

 

 

もちろん、CAT7以上のケーブルも使えますが、CAT6Aあれば十分です。

 

以上が、auひかりとLANケーブルです。

 

もり

LANケーブルはホームゲートウェイに付属のものを利用してくださいね。

自前で用意する人は、CAT6A以上のケーブルを買いましょう。

 

\このページ限定!5.2万円がもらえる/

<auひかり:正規代理店>

 

 

 

auひかりの『ONU』と『モデム』の役割とレンタル料金

 

ONUとモデムは、光回線や電話回線の信号を、インターネット信号に変換する機械です。

それぞれの役割とレンタル料金を調べました。

 

auひかりの『ONU(光回線終端装置)』の役割

auひかりのONU(光回線終端装置)は、光ケーブルの『光信号』をインターネットの『電気信号』に変換する装置です。

ONU無しではインターネットに変換できず、auひかりを使えません。

【auひかりのONUの役割】

 

auひかりホームやマンションギガなどの、光回線を自宅に引き込む人は全員レンタルすることになります。

【ONUをレンタルする人】

ホーム(戸建て)、マンションギガ、マンションミニギガ、マンションタイプF

 

auひかりの『モデム』の役割

auひかりのモデムは、電話回線の『アナログ信号』をインターネットの『電気信号』に変換する装置です。

アナログ信号はそのまま使えないので、電気信号に変換する必要があります。

auひかりのONUの役割

【auひかりのONUの役割】

 

auひかりマンションタイプGと都市機構Gの、電話線からインターネットする人はモデムをレンタルします。

【モデムをレンタルする人】

マンションタイプG、マンション都市機構G

 

 

タイプVや都市機構(VDSLタイプ)にモデムはないの?

ありません。

タイプVと都市機構のホームゲートウェイには、モデムの機能付いているためです。

【ホームゲートウェイにモデムの機能が付く】

 

なので、タイプVと都市機構はモデムがなくても、インターネット出来ます。

 

『ONU』や『モデム』のレンタル料金は?

レンタル料金は無料です。

月額基本料に、ONUやモデムのレンタル代も含まれるためです。

 

また、申し込み時も特に指定する必要も無いです。

ご自宅のタイプに合わせてONUやモデムを貸し出してもらえるためです。

 

以上が、auひかりのONUとモデムのご紹介でした。

 

もり

auひかりを申し込むと、ご自宅のタイプに合わせて自動的に手配してもらえます。

理由が無い限り、指定はせずに申し込みしてください。

 

 

 

【まとめ】auひかりの必要機器とレンタル代

 

まとめです。

この記事では、auひかりのWi-Fiに必要な機器とレンタル代をご紹介しました。

改めてポイントを整理しておきます。

この記事のまとめ

  • auひかりに必要な機器とレンタル代
    ・ホームゲートウェイ、LANケーブル、モデム/ONU
    ・レンタル料金は無料
  • タイプFとタイプEのみWi-Fiルーターの用意必要

 

以上です。

 

最後に、auひかりには限定特典サイトからの手続きで、キャッシュバックがもらえます。

サイトへのリンクは以下に設置していますので、こちらから手続きしてくださいね。

 

もり

Wi-Fiルーターの無料プレゼントもあります。

限定特典サイトからの手続きはとてもお得ですよ。

 

auひかりの申し込みで
5.2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

もり

ご紹介した専用窓口のキャンペーンは一番お得でした。

調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

-auひかり

Copyright© かんたんネット選び【光回線】 , 2021 All Rights Reserved.