ドコモ光 乗り換え

ぷらら光からドコモ光へ事業者変更で乗り換え。ひかりTVの比較とメリット・デメリット。


「ぷらら光とドコモ光ってどっちがお得?」

「乗り換えるメリットってある?」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ぷらら光からドコモ光のメリット比較や乗り換え手順をご紹介します。

 

この記事の内容

  • ぷらら光とドコモ光のメリットデメリット
  • ぷらら光とドコモ光の比較
  • ぷらら光からドコモ光の乗り換え手順
  • よくある質問・注意点

 

【まず結論】ぷらら光からドコモ光

 

それでは、内容の前にかんたんなまとめから。

結論から言うと、ドコモのスマホユーザーはぷらら光からドコモ光へ乗り換えた方がお得です。

 

理由は、ドコモ光にはスマホ代の割引があるためです。

月あたりの料金は、ぷらら光のドコモ光よりも440円安いですが、スマホ代の割引を含めるとドコモ光の方が安くなります。

 

特に、ドコモのギガホやギガライトなら、家族全員のスマホ代が割引になるのもメリットですね。

 

さらに、ドコモスマホのユーザーなら、ひかりTVもお得になります。

ひかりTV for docomoが月あたり1,100円引きになるためです。

 

このように、ドコモスマホの人は、ぷらら光よりドコモ光がかなりお得に使えます。

 

ちなみに、乗り換えも工事やプロバイダ変更なしでかんたんです。

ぷらら光のマイページから事業者変更承諾番号を入手して、ドコモ光へ申し込みしましょう。

 

最後に、ぷらら光からドコモ光への乗り換えは、専用ページからの手続きで限定特典があります。

これからドコモ光へ乗り換える方は、以下の専用ページから申し込みしてくださいね。

 

もり

特典は、15,000円のキャッシュバックです。

とてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
1.5万円の限定キャッシュバック

ぷらら公式ページへ

<特典専用の申込みページ>

 

 

それでは、詳しく調べた結果をご紹介していきます。

 

【ぷらら光からドコモ光】メリット・デメリット

 

メリット・デメリットをまとめました。

 

ぷらら光からドコモ光のメリット3つ

ドコモのスマホ代が最大1,100円引き

一番のメリットは、スマホ代の割引です。

ドコモのギガホとギガライトなら、ドコモ光セット割で最大1,100円のスマホ代割引になります。

 

さらに、家族最大20回線割引になる上に、離れた家族も対象になります。

例えば、一家4人がドコモだった場合、ドコモ光への加入で最大4,400円引きですね。

【具体的な割引料】

  • ギガホ/5Gギガホ
    =1,100円引き
  • ギガライト/5Gギガライト
    0円~1,100円引き
ギガライトの詳しい割引はこちら
データ使用 割引
~7G 1,100円引き
~5G 1,100円引き
~3G 550円引き
~1G

 

ぷらら光にはスマホ代割引がないので、かなりお得です。

 

ひかりTV for docomoでdTVも見れる

続いて、ひかりTVもドコモ光がお得になります。

理由は、ドコモスマホなら、月額料金が1,100円引きになる上に標準でdTVも見れるためです。

【ひかりTV for docomoがお得】

※画像引用元:ひかりTV for docomo公式

 

ぷらら光にも『ひかりTV』はありますが、割引額はドコモ光の方が大きい上に、dTVは見れません。

なので、ひかりTV for docomoがお得になる、ドコモ光にメリットがあります。

※詳しくは本記事のひかりTVの比較参照。

 

乗り換えによる特典がある

最後に、特典です。

ぷらら光からドコモ光(ぷらら)に、ネットから乗り換えると、申し込み特典があります。

【申し込み特典】

  • 15,000円のキャッシュバック
  • dポイント2,000pt進呈

 

こちらも、お得な特典なので、乗り換えはとてもおすすめです。

 

もり

ドコモ光はドコモスマホユーザーが優遇されている光回線です。

 

 

ぷらら光からドコモ光のデメリット2つ

ドコモスマホ以外はお得にならない

ドコモスマホ以外は、お得ではありません。

そもそも、ぷらら光の方が月額料金が安いためです。

具体的には、戸建てとマンション共に月あたり440円ぷらら光が安いです。

【月額料金はぷらら光が安い】

ぷらら光 ドコモ光 差額
戸建て 5,280円 5,720円 ぷらら光が
440円安い
マンション 3,960円 4,400円

※全て税込表記

 

もちろん、ドコモスマホの場合は、割引込みでドコモ光がお得です。

しかし、ドコモスマホ以外の人は、ぷらら光からドコモ光への乗り換えはおすすめしません。

 

ぷららポイントが付与されなくなる

2つ目は、光回線の利用によるポイントの付与です。

ぷらら光から乗り換えると、ぷららポイントの付与はなくなります。

 

ドコモ光はdポイントの付与になるためです。

なので、ぷららポイントを普段から利用していた人は、少し不便になるかも知れません。

 

ちなみに、ぷららポイントは乗り換えでは消滅しませんが、1年間の有効期限があります。

以下のサービスで、使い切りましょう。

【ぷららポイントの使い道】

  • ひかりTVショッピング(WEBショッピング)
  • ひかりTVブック(電子書籍の購入)
  • ひかりTVゲーム(ゲームの購入)
  • ひかりTVミュージック(楽曲の購入)
  • ひかりTV動画配信サイト(有料動画の購入)

 

以上が、乗り換えのメリット・デメリットでした。

 

もり

かんたんに言うと、ドコモスマホの人は、ドコモ光乗り換えた方がお得。

ドコモ以外の人は、ぷらら光のままがお得です。

 

ドコモ光の申し込みで
1.5万円の限定キャッシュバック

ぷらら公式ページへ

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

【ぷらら光vsドコモ光】比較一覧

 

ここで一旦、ぷらら光とドコモ光を一覧で比較しました。

 

料金・通信速度・サービスの比較

メリットデメリットで紹介したとおり、ぷらら光は月額料金が有利ですが、スマホ割りなしです。

ドコモ光は、月額料金が割高ですがドコモスマホ割りがあります。

 

つまり、ドコモのスマホの人は、結果としてドコモ光がお得になります。

なお、通信速度は若干ドコモ光が速いですが、プロバイダが同じなのでほとんど同じです。

 

【比較一覧】※有利な箇所は黄色でマーク

ぷらら光 ドコモ光
料金 戸建て 5,280円 5,720円
マンション 3,960円 4,400円
通信 回線網 フレッツ光
プロバイダ ぷらら
最大 1Gbps
速度実測 上り=145Mbps
下り=178Mbps
上り=148Mbps
下り=196Mbps
IPv4+IPv6 ぷららv6エクスプレス
特典 スマホ割 ドコモ
(1,100円引き)
ポイント ぷららポイント dポイント
オプション セキュリティ マカフィ
(370円/月)
光電話 ぷらら光電話
(550円/月)
ドコモ光電話
(550円/月)
メール ぷららメール無料
(plala.or.jp)

※全て税込表記

ぷらら光の時間別の通信速度
時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
163 252 24
158 217 23
夕方 132 170 26
122 144 34
深夜 148 211 23
1日平均 145 199 26

※引用元:みんなのネット回線速度(ぷらら光)

ドコモ光の時間別の通信速度
時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
155 229 21
144 194 20
夕方 147 190 24
136 149 32
深夜 157 217 21
1日平均 148 196 24

※引用元:みんなのネット回線速度(ドコモ光)

 

ひかりTVはどっちがお得?

ドコモのスマホなら、ドコモ光の『ひかりTV for docomo』がお得です。

 

理由は、ドコモスマホ利用者は、解約しない限り月あたり1,100円引きになるためです。

さらに、dTVとdTVchも追加料なしで使い放題なので、かなり見れる動画が多いです。

 

なお、ぷらら光にも『2年割り(1,100円引き)』と『ひかりTV割り(660円引き)』の、2種類割引があります。

しかし、『2年割り(1,100円引き)』が、申し込みから2年間のみ割引で、dTVも見放題にはなりません。

 

なので、見れる動画が多くて割引に期限がない、ドコモ光の『ひかりTV for docomo』がお得です。

【ひかりTVの料金】

  • ぷらら光(チューナーレンタル込み)
    ・2,860円/月(2年間)
    ・3,960円/月(3年目以降)
  • ドコモ光(チューナーレンタル込み)
    ・3,300円/月(ドコモ解約まで)
ひかりTVの比較一覧はこちら
ぷらら光 ドコモ光
サービス名 ひかりTV ひかりTV for docomo
月額料 3,850円 3,850円
チューナー
レンタル代
770円
(ST-4500)
550円
(ドコモテレビターミナル02)
2年割 1,100円引き
⇒2年間のみ
1,100円引き
⇒ドコモ解約まで
ひかりTVセット割 660円引き
チューナー
機能
4K、HD画質
アプリ連携
AndroidTV
4K、HD画質
アプリ連携
AndroidTV
コンテンツ 地デジ、BS、CS
専門TV、ビデオ
地デジ、BS、CS
専門TV、ビデオ
dTV、dTVch

※全て税込表記

 

もり

何度かご説明しましたが、ドコモスマホならドコモ光がお得です。

ドコモスマホ以外の人は、ぷらら光で問題ありません。

 

\ドコモ光とぷららの公式特典はこちら/
Plala ドコモ光
<限定特典サイト>

 

 

 

【ぷらら光からドコモ光】乗り換え手順(事業者変更)

 

乗り換え手順をご紹介します。

なお、プロバイダは解約しなくても、継続で乗り換えできます。

 

公式にも、そのように説明がありました。

【ぷらら公式Q&A】

Q:光回線はぷらら光からドコモ光へ変更するが、プロバイダはぷららを継続できますか?

A:はい、できます。ぷらら光をドコモ光へ変更する場合、「事業者変更」手続きが必要です。

※引用元:ぷらら公式Q&A

 

それでは、手順をご紹介していきます。

 

ぷらら光から事業者変更承諾番号を入手

まず、ぷらら光から事業者変更承諾番号をもらいます。

事業者変更番号をもらう方法はマイページからの申請ですが、手順をご紹介します。

【ぷららのマイページから申請手順】

  1. ぷららマイページへログインする
  2. 「利用状況照会」から「ぷらら光・ぷらら光電話 ご利用状況」「こちら」をクリックする
  3. 「事業者変更承諾番号の取得は、『こちら』よりお申し込みください。」をクリックする
  4. 手続きを進めると、事業者変更承諾番号が表示される

 

以下のように、事業者変更承諾番号が表示されますので、メモを取っておきます。

 

ドコモ光を申し込む

事業者変更承諾番号がもらえたら、ドコモ光へ申し込みます。

特典の専用ページから仮登録の手続き

まず、限定特典ページから仮登録の手続きをします。

以下ページから移動して下さい。

⇒ドコモ光 for ぷらら限定特典ページ

 

移動先の『お申し込みボタン』をクリックし、登録フォームから必要情報を入力します。

 

登録は、名前、電話番号、メールアドレスなどの基本情報のみ。

この時点では、申し込み完了ではありません。

 

折り返しの電話で乗り換えの手続き

登録が終わると、ぷららから折り返しの電話があります。

内容は、事業者変更の手続きと、料金や特典の確認です。

 

ここで、ぷらら光からの乗り換えで、「ぷららのプロバイダを継続したい」ことを伝えてくださいね。

事業者変更承諾番号や、その他、聞きたいことも電話で確認します。

 

内容に問題が無ければ、そのまま契約になります。

1週間後に契約に関する資料が届きます。

 

なお、「ぷららv6エクスプレス」は標準提供なので、別途申し込みの必要はありません。

 

ぷらら光からドコモ光へ切り替え

切り替えは自動で行われる

切り替え日になると、光回線は自動で切り替わります。

ひょっとすると、ドコモ光の「ぷららv6エクスプレス」用として、新しくルーターを借りることになるかも知れません。

 

そのときは、ルーターを変更します。

【必要があればルーターを変更する】

 

これで、ドコモ光が使える状態になります。

 

ぷらら光からのレンタル品は返却

ぷらら光から返却必要と言われたレンタル機器は返却します。

基本的にONU(NTTロゴの光回線終端装置)は、そのままドコモ光でも使うので返却しません。

 

しかし、ひかりTVのチューナーや、古いレンタルルーターなどは、返却依頼がある可能性があります。

そのときは、返却しましょう。

 

キャッシュバックの受け取り

最後に、キャッシュバックを受け取ります。

受取り方法は銀行振込ですが、手順を書いておきます。

【キャッシュバック受け取り手順】

  1. ドコモ光を4カ月継続後、手続きのメールを送付
  2. ぷららWebメールから手続きの内容を確認
  3. キャッシュバックの申請手続き

 

以上で、キャッシュバックを受け取りできます。

 

もり

キャッシュバックの申請手続きは、忘れないようにしましょう。

 

ドコモ光の申し込みで
1.5万円の限定キャッシュバック

ぷらら公式ページへ

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

【ぷらら光からドコモ光】よくある質問・注意点

 

最後に、ぷらら光からドコモ光のよくある質問・注意点をまとめました。

 

事業者変更承諾番号は有効期限あり

ぷらら光からの事業者変更承諾番号には、15日間の有効期限があります。

期限が切れると再取得が必要になるので、なるべく早く申し込みましょう。

 

ぷらら光の契約期間や最低利用期間と違約金

ぷらら光には、契約期間と最低利用期間はありません。

つまり、契約解除料のような違約金もありません。

ただし、工事費を分割で支払っていた場合、乗り換え後も工事費は払う必要があります。

 

ひかりTV2ねん割は契約期間がある

もし、『ひかりTV2年割り』を契約していた場合、には申し込みから2年間の契約期間があります。

この場合、解約金9,900 円がかかりますので、注意してくださいね。

 

もり

以上が、よくある質問・注意点のまとめでした!

 

 

 

【まとめ】ぷらら光からドコモ光の乗り換え

 

最後にまとめです。

この記事では、ぷらら光からドコモ光のメリットデメリットや乗り換え手順をご紹介しました。

改めて、ポイントをまとめました。

この記事のまとめ

  • ぷらら光とドコモ光の比較
    ・ドコモユーザーはドコモ光がお得
    ・ドコモ以外の人はぷらら光がお得
  • ぷらら光からドコモ光の手順
    ・ぷらら光から事業者変更承諾番号を入手
    ・ドコモ光の専用ページから申し込み
  • ぷらら光からドコモ光のポイント
    ・プロバイダの変更なし
    ・専用ページからの手続きでキャッシュバック

 

以上でご紹介を終わります!

 

ドコモ光の限定特典ページは以下のリンクからです。

乗り換える方は、このリンクから手続きしてくださいね。

 

もり

限定特典は、15,000円のキャッシュバックです。

とてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
1.5万円の限定キャッシュバック

ぷらら公式ページへ

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

-ドコモ光, 乗り換え

Copyright© かんたんネット選び【光回線】 , 2022 All Rights Reserved.