ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光のhi-ho(ハイホー)は遅い?口コミや評判とサービス内容まとめ。


「ドコモ光のプロバイダはどこが良い?」

「hi-ho(ハイホー)の評判は?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ドコモ光とhi-ho(ハイホー)のプロバイダ評価をしました。

 

この記事の内容

  • hi-hoのメリット・デメリット
  • hi-hoの口コミや実際の速度
  • hi-hoのよくある質問・注意点

 

【まず結論】ドコモ光×hi-ho(ハイホー)を調べた結果

 

それでは、まずかんたんな結論から。

 

hi-hoとその他プロバイダも調べた結果、hi-hoはやめておいた方が良いと思いました。

通信速度やプロバイダサービスは良かったですが、Google Mapでの口コミ・評価がとても低かったからです。

 

【Google Mapでの評価が低い】

 

この評価が低い原因も調べたところ、主な原因は『問い合わせ時の電話対応』と『解約時のトラブル』でした。

特に多かったのが、「問い合わせの対応がなっていない」との根本的なものです。

 

つまり、何か困ったことで質問したときに、しっかり答えてもらえない可能性があると感じました。

 

その他のメリット・デメリットは、他のプロバイダとも大きくちがいませんでした。

ですが、やはり口コミ評価が低かったのが気になりました。

 

なので、特に理由がなければ、hi-ho以外のプロバイダがいいと思います。

困った時に、しっかりと対応してもらうためです。

 

ちなみに、私は当サイト作成にあたり、ドコモ光の全24社のプロバイダを調べています。

その結果、一番おすすめのプロバイダは、GMOとくとくBBです。

 

【GMOとくとくBBがおすすめ】

 

理由は、通信速度がプロバイダ中でも速く、口コミを見ても問い合わせや解約時のトラブルはなかったためです。

また、キャッシュバックの申し込み特典もあります。

 

このような理由から、プロバイダはメリットが多いGMOとくとくBBがおすすめ。

全24社のプロバイダを調べた結論です。

 

なお、GMOとくとくBBの限定特典は専用ページからの申し込みのみ適用です。

リンクは以下に設置していますので、こちらから手続きしてくださいね。

 

もり

限定特典はとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<特典専用の申し込みページ>

 

 

もり

全24社のプロバイダ比較は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

それでは、調べた結果をひとつずつご紹介します。

 

ドコモ光をhi-hoで使うメリットは3つ

 

まずは、hi-hoのメリットから。

 

IPv6_IPoE接続サービスで安定通信

まず、hi-hoはIPv4 over IPv6の、IPv6_IPoEの接続サービスに対応しています。

このサービスは、インターネットをより快適に安定して使えるようにするもので、オプション代0円で申し込みできます。

 

他のプロバイダでは、v6プラスやOCNバーチャルコネクトなどとも呼ばれたりしますが、同等の通信サービスがhi-hoでも使えます。

【hi-hoのIPv6_IPoE接続サービス】

※引用元:hi-hoのIPv6_IPoE接続サービス

 

光回線は利用するユーザーが多いと、遅くなる特徴が過去にありました。

しかし、IPv6_IPoE接続サービスで安定した通信が可能です。

 

ELECOMのルーターを無料レンタルできる

続いて、hi-hoを申し込むと、ELECOMのルーターを永年無料でレンタルできます。

もちろん、ルーターは自前で用意しても良いですが、買うと6,000円くらいかかります。

 

なので、6,000円くらいの初期費用を節約できます。

レンタルできるルーターの情報は以下の通り。

 

【ELECOMのレンタルルーター】

詳しい仕様はこちら
製品番号 WRC-1167GS2H-B
サイズ(本体のみ) 142.0×40.0×185.0
(W x D x H mm)
重さ(本体のみ) 350g
消費電力 8.4W(最大)
無線LAN IEEE 802.11ac / n / a / b / g
(2.4GHz / 5GHz)
規格データ転送 867Mbps(11ac)
300Mbps(11n)
Wi-Fi同時接続 推奨16台
有線LANポート数 4個

hi-hoのルーターレンタル

 

最大通信速度が867Mbps(11ac)+300Mbps(11n)なので、十分速いルーターですね。

また、同時接続16台まで可能なので、複数デバイスの同時利用もできます。

 

ルーターの他にも3つの特典あり

hi-ho(ハイホー)には、ルーターの他にも3つの申し込み特典があります。

それが、セキュリティソフト12カ月無料リモートサポートと訪問サポートが初回無料です。

 

【hi-hoの申し込み特典】

項目 特典内容
総合セキュリティソフト マカフィーマルチアクセス
(12カ月無料、以降550円/月)
リモートサポート 初回無料
訪問サポート 初回無料

※全て税込表記

 

これらのサービスは他のプロバイダにもありますが、初回の設定をフォローしてもらえるのはメリットですね。

 

もり

以上がメリットです。

 

 

 

ドコモ光をhi-hoで使うデメリットは4つ

 

続いて、ドコモ光とhi-hoのデメリットを3つご紹介します。

 

Google Mapの口コミに低評価が多い

今回の調査で一番気になったデメリットです。

hi-hoはGoogle Mapの口コミにとにかく低評価が多くありました。

 

【Google Mapに低評価が多い】

 

この通り、18件のうち18件とも★1の評価と、他のプロバイダには見られない結果でした。

理由を見ると、解約時のトラブルや問い合わせ時の電話対応により、評価が低くなっているようでした。

 

口コミ例もご紹介していきます。

【hi-hoの口コミ例】

 

他の口コミはこの記事の下の方でも紹介しますが、このような口コミが続いていました。

 

通信速度にばらつきがある

こちらも、口コミと実測から見たデメリットです。

通信速度のばらつきが大きく、実際の速度が遅くなっている人もいるようです。

 

例えば、以下の口コミですね。

 

レンタルルーターは別で申し込みが必要

最後に、hi-hoのレンタルルーターは、別で申し込みが必要です。

ドコモ光を申し込んだ後に、hi-hoの無料ルーター専用申し込みページから手続きになります。

【専用ページから手続き】

 

他のプロバイダは、申し込みと同時に手続きが完了するものもあります。

なので、hi-hoは申し込み手続きが少し手間になります。

 

もり

やはり、一番気になったデメリットは口コミの評価が低いことでした。

このような理由からおすすめはGMOとくとくBBです。

 

\このページ限定!最大2万円がもらえる/

<ドコモ光:キャンペーンサイト>

 

 

 

ドコモ光とhi-hoの口コミと実際の速度

 

ドコモ光とhi-hoの口コミ・評判と実際の速度です。

 

hi-hoの口コミや評判

まずは、Google MapとTwitterの口コミをご紹介します。

 

hi-hoのGoogle Mapの口コミ

実際のGoogle Mapの口コミを3つご紹介します。

上でもご紹介しましたが、低評価のコメントがとても多かったです。

 

3つ抜粋しますが、どれも、『解約時のトラブル』『問い合わせ時のオペレータの対応』が理由で、低評価になっていました。

【1つ目】

電話で料金が安くなるといわれたので入ったのですが、全然安くならず、通信速度の遅く解約しようとしても電話が繋がらなくやっと繋がったのですが、最悪の対応高額の解約金を要求されました。

星一つも付けたくありません。最悪です。

※Google Mapより

【2つ目】

過去に解約手続きしても解約されてない…として 一切使ってないのにも関わらず半年以上(9ヶ月)不正に引き落としされております。

今回対応したゴトウマリなる女性スタッフも感じが悪く、マニュアルも徹底されてない。

会社の仕組みとしては、やったもん勝ち、取ったもん勝ち的な風土が根付いてる。

一方的な説明、案内、 サービスを提供する立場の会社のくせに、登録利用客?の利用履歴すら把握出来ない技術的に乏しい会社。会社、人の質が悪く、2度と関わりたくない。

※Google Mapより

【3つ目】

営業時間に会社に問い合わせの電話をかけて、何回も、何十回コールしても出ない!繋がらない!

対応が最悪の会社で、ガッカリさせられます。

※Google Mapより

 

この通り、解約の手続きと問い合わせの対応でのトラブルがとても多かったです。

 

 

hi-hoのTwitterの口コミ

続いて、Twitterの口コミをも調べました。

速度の関する口コミがありましたが、いずれも「速度が遅い」との評判でした。

 

全国の平均は速いですが、ひょっとしたら地域によって、速度に差があるかもしれません。

実際の内容を3つご紹介します。

 

 

 

もり

やはり、Google Mapの評価が遅いのが気になりました。

他のプロバイダでは、このような口コミはなかったので。

 

hi-hoの速度(実測)

続いて、hi-hoの実測を調べました。

全体の通信速度は、光回線らしく速いです。

 

ただ、他のプロバイダでも同じ傾向がありますが、夜や深夜の混みやすい時間帯は遅くなりがちですね。

具体的な通信速度は、以下の通り。

【通信速度(時間帯別)】

時間帯 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
169 307 19
146 213 22
夕方 140 141 31
122 99 42
深夜 136 155 28
1日平均 142 183 29

※引用元:みんなのネット回線速度(hi-ho)

 

もり

以上が、口コミと実際の速度でした。

 

 

 

ドコモ光とhi-hoのよくある質問・注意点

 

hi-hoに関する、よくある質問と注意点をまとめました。

 

hi-hoのルーター設定方法は?

ELECOMのレンタルルーターは、公式の設定動画があります。

以下の動画を確認してみてください。

 

ルーターに付属されていると思いますが、セットアップマニュアルも添付しておきます。

【ELECOMかんたんセットアップガイド】

https://www.elecom.co.jp/support/manual/network/wireless-lan/router/wrc-1167gs2/wrc-1167gs2_setup_v01.pdf

 

設定後は、以下のリンクから接続確認をしてください。

【IPoE接続環境確認サイト】

https://v6test.ocn.ne.jp/

 

hi-hoのプロバイダ変更方法は?

hi-hoのプロバイダ変更は、ドコモ光公式への電話です。

ドコモ光はプロバイダ一体型なので、変更するときも、ドコモ光へ電話すれば大丈夫です。

【プロバイダ変更方法】

  • やり方 :ドコモ光カスタマーサポート
  • 電話番号:0120-800-000
  • 受付時間:午前9時~午後8時
  • 手数料 :3,000円

 

注意点としては、hi-hoから借りたELECOMのルーターは、利用開始から30カ月以内なら返却の必要があることです。

返却先は解約完了のお知らせに記載があるようなので、プロバイダ変更後に確認してみてください。

 

もり

以上が、よくある質問・注意点でした!

 

 

 

ハイホー株式会社(hi-ho Inc.)について

 

最後に、ハイホー株式会社について紹介して終わります。

 

ハイホー株式会社(hi-ho Inc.)の会社概要

ハイホーは東京都に所在する、インターネット接続事業の会社ですね。

プロバイダ業務の他には、WiMAXやモバイル用SIMカードも提供しているようです。

 

元々、hi-hoはIIJグループが所有する事業でしたが、2017年12月31日にISPホールディングスに事業譲渡しています。

ハイホーの会社概要は以下の通り。

【会社概要】

運営会社 株式会社ハイホー
(英文:hi-ho Inc.)
設立 2007年6月1日
代表者 鈴木 武人(代表取締役)
所在地 〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-41-8
IOBビル 3F
電話番号 03-6809-3392
(サポートセンター)
業務内容 インターネット接続事業
サイト ホームページ

 

株式会社ハイホーを外から見た写真

最後は、会社の外観写真です。

こちらのビルの3階に株式会社ハイホーが所在します。

※引用元:Google Map

 

もり

以上で、株式会社ハイホーのご紹介を終わります!

 

 

 

【まとめ】ドコモ光とhi-ho(ハイホー)の評価結果

 

まとめです。

この記事では、hi-hoのプロバイダを評価しました。

 

改めると、hi-hoはやめておいた方が良いと思いました。

やはり一番気になったのは口コミ。Google Mapでの評価がとても低かったのが気になりました。

 

一方で、当サイトおすすめプロバイダはGMOとくとくBBです。

理由は、通信速度が他のプロバイダよりも速いことと、限定特典がお得なこと。

 

これは、当サイト作成にあたり全24社のプロバイダをひとつずつ調べた結論でもあります。

 

もり

限定特典は以下のリンクからチェック出来ます。

とてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<特典専用の申し込みページ>

 

 

もり

全24社のプロバイダ比較は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

-ドコモ光, プロバイダ

Copyright© かんたんネット選び【光回線】 , 2022 All Rights Reserved.