ドコモ光 プロバイダ

ドコモ光のおすすめプロバイダをランキング比較!全24社の速度・特典・人気・ルーターと選び方【2021年10月】


「ドコモ光のプロバイダをかんたんに選びたい。」

こんな考えの方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ドコモ光のプロバイダ全24社から、一番お得なプロバイダをご紹介します。

 

この記事の内容

  1. 全24社のプロバイダ比較ランキング
  2. おすすめプロバイダとその理由
  3. プロバイダを選ぶポイント
  4. プロバイダの役割や料金・特典
  5. プロバイダの申し込み手順
  6. プロバイダの変更、解約、引越し方法
  7. その他よくある質問と注意点

 

【目次】 表示

【全24社】ドコモ光のプロバイダのランキング【比較一覧】

 

それではまず結論です。

ドコモ光のプロバイダ24社を、ランキングで一挙に比較しました。

 

プロバイダを比較するポイントは?

比較の1番のポイントは『通信品質』です。

 

通信品質は、動画・ゲーム・ネット・SNS・アプリなど、何をするにしても一番重要なためです。

通信速度、v6プラス、ルーターのスペックで評価しました。

 

その他、申し込み時のキャッシュバックや、プロバイダのサービス、口コミ評判も比較します。

ポイントは一覧でもまとめました。

【プロバイダ選びのポイント】

①通信速度が速いか
②v6プラスに対応するか
③月額料金が安い『タイプA』か
④人気やシェアが高いか
⑤口コミ評判が良いか
⑥無料レンタルルーターのスペックは高いか
⑦キャッシュバックはあるか
⑧セキュリティ無料などの限定特典はお得か

 

プロバイダ全24社の比較ランキング一覧

比較のポイントを踏まえて上で、24社をランキングにしました。

結果、一番のおすすめはGMOとくとくBBでした。

 

【プロバイダ全24社の比較ランキング一覧】

※横にスライドできます⇒
※『−(ハイフン)』は情報不足、もしくは情報なし。

順位 プロバイダ 総合評価 評価ポイント
(各項目をタップで詳細結果へ)
通信速度
(実測)
v6プラス
対応
料金
タイプ
人気度 口コミ
評判
ルーター
スペック
キャッシ
ュバック
その他
特典

GMOとくとくBB

おすすめNo1

300Mbps
A
1番人気

1位

1733Mbps

20,000円

ぷらら

おすすめNo2

254Mbps
A
2番人気

4位

867Mbps

15,000円

OCN

おすすめNo3

250Mbps
B
3番人気

3位

867Mbps

20,000円
4
@nifty

222Mbps
A
4番

5位

867Mbps

20,000円
5
ドコモnet

270Mbps
A
6番

2位
6
BIGLOBE

239Mbps
A
5番

6位

867Mbps
7
DTI

216Mbps
A
7番

8
Tigers-net

221Mbps
A
9番


867Mbps
9
エディオンネット

269Mbps
A
10番

10
AsahiNet

316Mbps
B
8番
11
andline

208Mbps
A ×
11番
12
BB.excite

238Mbps
A ×
15番
13
IC-net
×
186Mbps
A ×
16番
14
@TCOM

226Mbps
B ×
12番

867Mbps
15
楽天BB
×
150Mbps
A ×
14番

7位
16
hi-ho
×
117Mbps
A ×
13番

867Mbps
17
WAKWAK
×
141Mbps
B ×
17番
18
TiKiTiKi
A
19
SYNAPSE
A
20
COARA
A
21
@ネスク
A
22
SIS
A
867Mbps
23
ちゃんぷるネット
B
867Mbps
24
TNC
B
- So-Net 2019年6月13日(木)から新規申込とコース変更受付を終了
- Yahoo!BB タイプAとタイプBの料金プランは選択不可

 

以上が比較ランキングの一覧でした。

 

まとめている通り、通信速度が一番速く、人気が高いGMOとくとくBBを1位にしています。

キャッシュバックや無料ルーターの特典もお得です。

 

なお、GMOとくとくBBの限定キャッシュバックは専用ページからの申し込みのみ受付です。

これから申し込みする人は、以下のリンクから手続きしてください。

 

もり

一番通信が速くて安定するプロバイダはGMOとくとくBBです。

限定キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

GMOとくとくBB公式へ

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

ここからはランキング上位のプロバイダを一つずつ見ていきます。

 

【第1位】ドコモ光のおすすめプロバイダ【GMOとくとくBB】

GMOとくとくBBは、ドコモ光で一番人気のプロバイダです。

通信速度に一番こだわりがあり、実測も全24社でトップクラスです。

限定特典サイトからの申し込みで、20,000円のキャッシュバックがあるのも魅力です。

総合評価
実測(下り) 300Mbps
(最高速度)
顧客満足度 第1位
v6プラス
(IPv4 over IPv6)
対応済 ルータースペック 1733Mbps
(最高性能)
料金プラン タイプA キャッシュバック 20,000円
(とてもお得)
人気度 第1位 その他特典 訪問サポート無料
セキュリティ12ヶ月無料
GMOインターネットの会社概要
運営会社 GMOインターネット株式会社
(GMO Internet, Inc.)
設立 1991年5月24日
代表者 熊谷 正寿
所在地 〒150-8512
東京都渋谷区桜丘町26番1号
セルリアンタワー
4~14階・総合受付11階
電話番号 03-5456-2555(代表)
業務内容 インターネットインフラ事業
インターネット広告・メディア事業
インターネット金融事業
仮想通貨事業 など
サイト ホームページ

 

全24社のプロバイダを調べた結果、一番お得なプロバイダはGMOとくとくBBでした。

GMOとくとくBBをおすすめする理由は5つあります。

 

[理由1]通信速度がトップクラスに速い

通信速度が全プロバイダの中でトップクラスに速いです。

実際にユーザーの実測の投稿サイトを確認しましたが、通信速度が約300MbpsだったのはGMOとくとくBBともう1社のみです。

 

通信速度が300Mbpsあると、4K動画や複数人インターネットも問題ありません。

また、応答速度も23msと速いので、オンラインゲームもサクサクプレイできます。

 

理由1の補足:通信速度の保証あり

GMOとくとくBBは「速度に自信あり!」と公式でうたっているプロバイダでもあります。

なので、実際に通信速度が100Mbpsを下回った場合は、100円相当のGMOポイントがもらえます。

【速度遅いとポイント付与あり】

※引用元:GMOとくとくBB公式サイト

 

他のプロバイダとの比較を知りたい人は、当記事の『全24社のプロバイダ別速度ランキング』に詳しくまとめています。

 

[理由2]v6プラス(IPv4 over IPv6)で安定通信

GMOとくとくBBは、IPv4 over IPv6のv6プラス通信に対応しています。

つまり、通信速度が速いながら、安定して使えるのもメリットです。

 

v6プラスとは混みやすい夜やゴールデンタイムでも、速度が落ちること無くインターネットが出来る技術です。

1日中ストレスなくドコモ光が使えます。

 

また、安定通信できるので、ビデオ会議やオンラインゲームにも最適なプロバイダです。

v6プラスをくわしく知りたい方は、GMOとくとくBB公式に動画があるので参考にしてみてください。

 

[理由3]プロバイダの中で一番人気がある

GMOとくとくBBは、プロバイダの中で一番人気があります。

こちらも、ユーザーの投稿サイトから投稿件数を調べたところ、GMOとくとくBBが一番投稿件数多かったです。

 

例えば、人気1位のGMOとくとくBBなら16,068件、人気2位のぷららなら11,427件なので、約1.5倍人気が高いです。

全ての会員数は分かりませんが、投稿件数から利用者も一番多く人気があると推測できます。

【プロバイダの人気度を調査した結果】

※引用元:みんなのネット回線速度(プロバイダランキング)

 

その他プロバイダの人気は、『プロバイダ全24社の人気ランキング』でまとめています。

 

[理由4]無料ルーターのスペックが良い

限定特典でもらえる無料ルーターのスペックです。

ルーターの最大転送速度が1733Mbpsと、プロバイダの中で一番スペックの高いルーターを無料レンタルしてもらえます。

 

具体的には、他のルーターの2倍のスペックがあります。

実際に、いくつかのプロバイダとルーターとスペックを比べました。

【無料ルーターの性能比較】

プロバイダ ルーター型番 性能
(最大通信速度)
GMOとくとくBB ・WSR-2533DHP3(BUFFALO)
・Aterm WG2600HS2(NEC)
・WRC-2533GST2(ELECOM)
1733Mbps
ぷらら ・WN-PL1167EX03(IO-DATA)
867Mbps
OCN ・ドコモ光ルーター01 867Mbps

※GMOとくとくBBのルーターは選択式
※ぷららのルーター型番は公式に記載なしのため口コミから調査
※その他のプロバイダの調査結果はこちらを参照ください

 

この通り、他のルーターよりも速い通信速度が出やすいです。

また、推奨環境のエリアも広く、大きい家や広い部屋でもネットが繫がりやすいです。

 

[理由5]20,000円の限定キャッシュバックあり

GMOとくとくBBは、専用ページからの申し込みで限定キャッシュバックがもらえます。

この特典は、店舗やドコモ公式サイトからの手続きではもらえません。

 

つまり、GMOとくとくBBは費用面でもお得です。

また、ドコモ公式特典も対象になるので、もらえる特典がとても多いです。

 

GMOとくとくBBの申し込みでもらえる特典を一覧でまとめました。

【もらえる特典一覧】

特典 内容
ドコモ公式 ドコモ光セット割 最大1,100円のスマホ代割引
限定dポイント付与 2,000pt付与
新規工事料無料 戸建て:19,800円分
マンション:16,500円分
GMO限定 キャッシュバック 最大20,000円
無料ルーターレンタル 10,000円相当のルーター無料
訪問サポート無料 初期設定のサポート
セキュリティサービス1年無料 550円×12ヶ月分お得

 

GMOとくとくBBは通信速度だけでなく、特典もお得です。

以上が、おすすめする理由5つでした。

 

もり

手続きは以下の限定特典サイトからです。

とてもお得な特典がもらえますよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

GMOとくとくBBの限定特典

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

【第2位〜第5位】ドコモ光のおすすめプロバイダ

 

第2位〜第5位を調べた結果もまとめました。

 

 

[第2位]ぷらら(plala)

Plala ドコモ光

ぷららはドコモと同じNTTグループの会社のプロバイダです。

人気は第2位と高く、キャッシュバック15,000円でお得です。

通信速度はランキング第5位ですが、普段使いには十分な速度です。

総合評価
実測(下り) 257Mbps
(とても速い)
顧客満足度 第6位
v6プラス
(IPv4 over IPv6)
対応済
(v6エクスプレス)
ルータースペック 867Mbps
(高性能)
料金プラン タイプA キャッシュバック 15,000円
(とてもお得)
人気度 第2位 その他特典 訪問サポート無料
セキュリティ24ヶ月無料
ひかりTVエントリープラン無料
NTTぷららの会社概要
運営会社 株式会社NTTぷらら
(NTT Plala Inc.)
設立 1995年12月18日
代表者 永田 勝美
所在地 〒170-6024
東京都豊島区東池袋3-1-1
サンシャイン60 24階
電話番号 03-6479-5511(代表)
業務内容 ・電気通信事業
映像配信サービス/インターネット
接続サービス/IP電話サービス 等
・コンテンツ企画制作
サイト ホームページ

 

全24社中、第2位はぷららでした。

メリットや特徴、注意点、ぷららがおすすめな人を簡単にご紹介します。

 

ぷららのメリットや特徴

ぷららはNTTグループの会社で、人気が高く、口コミ評判もいいプロバイダです。

通信速度(下り)も257Mbpsと速く、動画やアプリのダウンロードなど問題なく使えます。

 

また、ぷららはドコモ光以外にも『ひかりTV』を運営しています。

『ひかりTVエントリープラン(350円/月)』が使える、独自のメリットがあります。

なお、ひかりTVエントリープランとは、20,000本以上の映画やドラマが見放題になるサービスです。

 

申し込みで15,000円の限定キャッシュバックもあるので、料金面でもお得。

初期費用を節約したいしたい人にも向いています。

 

ぷららがおすすめな人

【おすすめな人】

  • ひかりTVエントリープランを使いたい人
  • 申し込みの初期費用を節約したい人
  • NTTグループのプロバイダを選びたい人

 

ぷららのデメリットや注意点は?

デメリットは1つ、通信速度がプロバイダ中最速では無いことです。

なので、通信速度に一番こだわる人は、ぷらら以外の通信速度が速いプロバイダを選んでください。

 

とは言え、人気も高いですし、普段使いには問題ないプロバイダです。

 

もり

ぷららの限定特典サイトは以下のリンクから手続きです。

キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
1.5万円の限定キャッシュバック

ぷららの限定特典

<特典専用の申込みページ>

 

 

[第3位]OCN(オー・シー・エヌ)

OCNはNTTコミュニケーションズが提供しており、NTTドコモと同じNTTグループのプロバイダです。

プロバイダの人気が高く、会社自身の評判も良いのが特徴です。

申し込みで、20,000円の高額キャッシュバックがあります。

総合評価
実測(下り) 250Mbps
(とても速い)
顧客満足度 第3位
v6プラス
(IPv4 over IPv6)
対応済
(v6アルファ)
ルータースペック 867Mbps
(高性能)
料金プラン タイプB キャッシュバック 20,000円
(とてもお得)
人気度 第3位 その他特典 訪問サポート無料
セキュリティ12ヶ月無料
OCNモバイルONE割引
NTTコミュニケーションズの会社概要
運営会社 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
(NTT communications)
営業開始日 平成11年7月1日
代表者 丸岡 亨
所在地 〒100-8019
東京都千代田区大手町2-3-1
大手町プレイスウエストタワー
電話番号 03-6700-3000(代表)
資本金 2,309億円
業務内容 国内電気通信事業における県間通話サービス
国際通信事業
ソリューション事業
及びそれに関する事業等
サイト ホームページ

 

全24社中、第3位はOCNでした。

 

OCNのメリットや特徴

OCNはNTTコミュニケーションズが運営しており、NTTドコモと同じNTTグループの会社です。

人気、顧客満足度ともに第3位と高評価で、会社自体の評判も良いです。

 

通信速度(下り)も250Mbpsと必要十分です。

動画や複数人の利用も問題ありません。

 

また、OCNはOCNモバイルONEのスマホキャリアも運営しています。

なので、OCNモバイルONEの人は220円/月のスマホ代割引も受けられます。

 

さらに、20,000円のキャッシュバックはプロバイダ中で最高額です。

申し込み特典もお得です。

 

OCNがおすすめな人

【おすすめな人】

  • 会社の評判が良いプロバイダを選びたい人
  • 高額のキャッシュバックが欲しい人
  • OCNモバイルONEを利用している人

 

OCNのデメリットや注意点は?

注意点は、OCNはタイプBのプロバイダのため、月額料金がタイプAのGMOやぷららよりも220円高いです。

なので、月額料金を安くしたい人にはおすすめしません。

 

また、通信速度はランキング7位のため、速いプロバイダを選びたい人にも不向きです。

プロバイダをNTT系列会社で選びたい人や、評判で選びたい人のみOCNを選んでください。

 

もり

OCNの限定特典サイトは以下のリンクから手続きです。

20,000円のキャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
2.0万円の限定キャッシュバック

OCNの限定特典

<特典専用の申込みページ>

 

[第4位]@nifty(ニフティ)

@niftyはノジマの子会社、ニフティ株式会社が運営するプロバイダです。

人気は第4位、顧客満足度は第5位と評価が良いプロバイダです。

通信速度も速く、申し込みで20,000円のキャッシュバックももらえます。

総合評価
実測(下り) 222Mbps
(速い)
顧客満足度 第5位
v6プラス
(IPv4 over IPv6)
対応済
(v6サービス)
ルータースペック 867Mbps
(高性能)
料金プラン タイプA キャッシュバック 20,000円
(とてもお得)
人気度 第4位 その他特典 訪問サポート無料
セキュリティ12ヶ月無料
ノジマの家電割引
ニフティ株式会社の会社概要
運営会社 ニフティ株式会社
設立 1986年2月4日
(エヌ・アイ・エフとして)
代表者 野島 亮司(社長)
所在地 〒169-8333
東京都新宿区北新宿2-21-1
新宿フロントタワー(18階受付)
電話番号 03-5860-7600(代表)
業務内容 ・ネットワークサービス
格安SIM、光回線、WiMAX
・Webサービス
サイト ホームページ

 

全24社中、第4位は@niftyでした。

 

@niftyのメリットや特徴

@niftyを運営するニフティ株式会社は、家電量販店のノジマの子会社です。

なので、ノジマの家電が毎月1回、8%OFFになる特典が使えます。

 

人気は4位、顧客満足度5位と高評価ですが、通信速度は上位ランクのプロバイダより遅いです。

しかし、動画やアプリのダウンロードなど、普段使いには問題ない速度です。

 

さらに、申し込み限定特典も20,000円ととてもお得です。

 

@niftyがおすすめな人

【おすすめな人】

  • ノジマをよく利用する人
  • 高額のキャッシュバックが欲しい人

 

@niftyのデメリットや注意点は?

注意点は、キャッシュバックの時期が12ヶ月後と遅いことです。

@niftyの特典サイトから、具体的なキャッシュバックの流れを引用しました。

【キャッシュバック特典の受け取りまでの流れ】

  1. 振込予定月前月
    ご案内メールに従って、キャッシュバックお受取口座の登録を行ってください。
  2. 開通月を含む12カ月目
    キャッシュバック特典の振り込みを行います。

※引用元:@niftyのキャンペーン

 

以上の通り、12ヶ月目に振込なので、忘れずに手続きしてください。

 

もり

@niftyの限定特典サイトは以下のリンクから手続きです。

20,000円のお得なキャッシュバックが受け取れます。

 

ドコモ光の申し込みで
2.0万円の限定キャッシュバック

@niftyの限定特典

<特典専用の申込みページ>

 

 

[第5位]ドコモnet

ドコモnetは、NTTドコモの公式のプロバイダです。

顧客満足度は第2位と高く通信速度もランキング第3位と速いです。

キャッシュバックは無いですが、申し込みで20,000ptのdポイントがもらえます。

総合評価
実測(下り) 270Mbps
(とても速い)
顧客満足度 第2位
v6プラス
(IPv4 over IPv6)
対応済
(IPv6インターネット接続機能)
ルータースペック
料金プラン タイプA キャッシュバック なし
人気度 第6位 その他特典 セキュリティ12ヶ月無料
NTTドコモ株式会社の会社概要
運営会社 株式会社NTTドコモ
NTT DOCOMO, INC.
営業開始 1992年7月1日
代表者 井伊 基之(社長)
所在地 〒100-6150
東京都千代田区永田町2丁目11番1号
山王パークタワー
電話番号 03-5156-1111(代表)
業務内容 ・通信事業
・スマートライフ事業
・その他システム開発・販売・保守受託など
サイト ホームページ

 

全24社中、第5位はドコモnetでした。

 

ドコモnetのメリットや特徴

ドコモnetは、NTTドコモ公式が運営するプロバイダです。

ドコモ光とプロバイダが同じ会社になるので、問い合わせ先が一本化されるメリットがあります。

 

また、通信速度が270Mbpsと速いく、ダウンロードやアプリ、動画もストレスなく使えます。

顧客満足度も第2位と高く、会社の評判も良いです。

 

申し込みで20,000ptのdポイントももらえます。

 

ドコモnetがおすすめな人

【おすすめな人】

  • ドコモ公式にこだわりたい人
  • 通信速度や顧客満足度にこだわりたい人

 

ドコモnetのデメリットや注意点は?

他のプロバイダよりも、プロバイダの限定特典が少ないです。

具体的には、キャッシュバック、無料ルーター、訪問サポート無料の特典がありません。

 

なので、他のプロバイダより1~3万円くらい、初期費用が高くなります。

できるだけ節約してドコモ光を使いたい人には、おすすめしません。

 

ドコモ公式プロバイダを使いたい人のみ、ドコモnetを選んでください。

 

もり

ドコモnetの申込手続きは以下のリンクからです。

20,000ptのお得なdポイントがもらえます。

 

ドコモ光の申し込みで
2.0万円分のdポイント付与

ドコモnetの公式特典

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

ドコモ光のおすすめプロバイダの選び方と8つのポイント

 

ご自身でプロバイダ選びたい人のために、選び方と見るべきポイントを8つご紹介します。

また、実際に調べた結果もランキングでまとめました。

 

[選び方1]通信速度が速いプロバイダを選ぶ

プロバイダの実際の通信速度(実測)を調べます。

実測は、インターネットの口コミサイト、『みんなのネット回線速度(minsoku.net)』から調べられます。

 

プロバイダ別の上り下りの実測、Ping(応答速度)が時間帯ごとに分かります。

また、実測は直近3カ月の全国平均なので、今現在の速度を調べられます。

【みんなのネット回線速度で速度を調べた結果】

※引用元:みんなのネット回線速度(GMOとくとくBB)

 

プロバイダ全24社の通信速度ランキング調査結果

実際に、全24社の通信速度やPing、を調べました。

結果、AsahiNet、GMOとくとくBB、ドコモnetがプロバイダの中でも通信速度が速かったです。

 

以下の矢印マークをタップして、全24社の速度ランキングを確認してください。

 

全24社の速度ランキングはここをタップ

太字は優秀な項目、赤太字は特に優秀な項目

順位 プロバイダ 上り
(Mbps)
下り
(Mbps)
Ping
(ms)
1 AsahiNet 198 317 17
2 GMOとくとくBB 215 300 23
3 ドコモnet 228 270 19
4 エディオンネット 161 269 27
5 ぷらら 185 254 22
6 OCN 182 250 20
7 BIGLOBE 187 239 20
8 BB.excite 214 236 22
9 @TCOM 163 230 17
10 @nifty 207 222 17
11 Tigers.net 205 221 25
12 DTI 189 217 18
13 andline 187 208 26
14 IC-net 187 153 30
15 楽天BB 146 150 32
16 WAKWAK 128 141 17
17 hi-ho 162 116 26
参考 TNC 240 319 14
参考 COARA 236 297 10
参考 SYNAPSE 106 266 33
参考 TikiTiki 149 178 25
参考 SPEEDIA 34 123 20
参考 @ネスク 115 120 21
参考 ちゃんぷるネット 113 2 56

※『参考』とは、測定件数が非常に少なく、データとして信頼性が不足しているプロバイダのこと

 

[選び方2]v6プラスの有無を確認(IPv4 over IPv6/IPoE)

v6プラス(IPv4 over IPv6/IPoE)の有無を調べます。

v6プラス(IPv4 over IPv6I/IPoE)とはインターネットの通信を安定させる技術です。

 

無いとゴールデンタイム(混み合う時間)の通信速度が遅くなりやすくなるので、ほぼ必須の機能になります。

v6プラスは各プロバイダのプロバイダ提供条件書から調べることが出来ます。

【プロバイダ提供条件書を調べる】

※引用元:ぷららのプロバイダ提供条件書

 

IPv6の項目に『IPoE IPv4 over IPv6通信』と書かれていますが、この場合はv6プラスに対応しています。

 

なお、注意しておきたいのは、『IPv6』と『v6プラス(IPv4 over IPv6)』はちがうことです。

『IPoE IPv6通信』のプロバイダは、『v6プラス(IPv4 over IPv6)』非対応です。

 

全24社のv6プラス(IPv4 over IPv6/IPoE)調査結果

全24社のv6プラスを調べました。

結果、20社のプロバイダがv6プラスに対応していました。

 

しかし、楽天ブロードバンド、TNC(TOKAIネットワーククラブ)、COARA、SYNAPSEの4社はv6プラスに非対応です。

プロバイダを選ぶ際は注意してください。

 

全24社の確認結果はここをタップ
プロバイダ v6プラス対応
(IPv4 over IPv6/IPoE)
GMOとくとくBB 対応済
ぷらら 対応済
OCN 対応済
@nifty 対応済
BIGLOBE 対応済
ドコモnet 対応済
DTI 対応済
AsahiNet 対応済
Tigers.net 対応済
エディオンネット 対応済
andline 対応済
@TCOM 対応済
hi-ho 対応済
BB.excite 対応済
IC-net 対応済
WAKWAK 対応済
TikiTiki 対応済
SPEEDIA 対応済
ちゃんぷるネット 対応済
@ネスク 対応済
楽天ブロードバンド 非対応
TNC(TOKAIネットワーククラブ) 非対応
COARA 非対応
SYNAPSE 非対応

 

[選び方3]月額料金が安い『タイプA』を選ぶ

続いて、プロバイダのタイプを調べます。

ドコモ光の提携プロバイダは『タイプA』と『タイプB』に別れますが、『タイプA』のプロバイダを選びましょう。

 

タイプAの方がタイプBより、月額料金が220円安いためです。

プロバイダタイプは、ドコモ公式のプロバイダ一覧から調査できます。

 

それぞれのちがいは、本記事の『タイプAとタイプBを比較したちがいとは?』でまとめています。

 

全24社のプロバイダのタイプを調べた結果

調べた結果、タイプAはGMOとくとくBBやぷららなど18社でした。

一方で、タイプBはOCNやAsahiNetなど6社です。

 

タイプA(18社)のプロバイダはここをタップ

GMOとくとくBB/ぷらら/@nifty/BIGLOBE/ドコモnet/DTI/Tigers-net/エディオンネット/andline/BB.excite/IC-net/楽天ブロードバンド/hi-ho/TiKiTiKi/SYNAPSE/COARA/@ネスク/SIS

タイプB(6社)のプロバイダはここをタップ

OCN/AsahiNet/@TCOM/WAKWAK/ちゃんぷるネット/TNC

 

[選び方4]人気やシェアが高いプロバイダを選ぶ

プロバイダの人気やシェアが高いプロバイダを調べます。

人気は、みんなのネット回線速度(minsoku.net)の測定件数から調べられます。

 

人気のあるプロバイダは、投稿件数が多いです。

投稿された件数が人気の全てを表すものではないですが、測定件数は大きな指標になります。

 

プロバイダ全24社の人気ランキングの調査結果

実際に、プロバイダ全24社の人気を調べました。

結果、GMOとくとくBBが1番人気が高く、2番はぷらら、3番はOCNでした。

 

全24社の人気ランキングはここをタップ
人気順位 プロバイダ 測定件数
1位 GMOとくとくBB 16,108件
2位 ぷらら 11,436件
3位 OCN 10,934件
4位 @nifty 5,751件
5位 BIGLOBE 5,003件
6位 ドコモnet 4,068件
7位 DTI 1,300件
8位 AsahiNet 1,289件
9位 Tigers.net 724件
10位 エディオンネット 606件
11位 andline 586件
12位 @TCOM 554件
13位 hi-ho 513件
14位 楽天BB 486件
15位 BB.excite 435件
16位 IC-net 185件
17位 WAKWAK 179件
18位 TikiTiki 56件
19位 TNC(TOKAIネットワーククラブ) 33件
20位 COARA 29件
21位 SYNAPSE 26件
22位 @ネスク 7件
23位 SPEEDIA 3件
24位 ちゃんぷるネット 1件

※順位は2021年8月26日のもの

 

[選び方5]口コミ評判が良いプロバイダを選ぶ

口コミ評判 はオリコンの顧客満足度ランキング(life.oricon.co.jp)から調べられます。

ランキング1位〜12位のプロバイダと、高評価の理由が分かります。

 

オリコンの顧客満足度ランキングを調べた結果

ランキングを調べた結果、GMOとくとくBBが顧客満足度1位でした。

特に高評価だったポイントは、『加入・開通手続き』『通信速度・安定性』『料金プラン』です。

 

全24社の顧客満足度ランキングはここをタップ
順位 プロバイダ 評価点数
1 GMOとくとくBB(GMOインターネット) 63.18点
2 ドコモnet(NTTドコモ) 63.13点
3 au one net(KDDI) 62.99点
4 So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ) 62.48点
5 OCN(NTTコミュニケーションズ) 61.75点
6 ぷらら(NTTぷらら) 61.74点
7 @nifty(ニフティ) 61.66点
8 J:COM NET(ジュピターテレコム) 61.40点
9 BIGLOBE(ビッグローブ) 61.31点
10 楽天ブロードバンド(楽天モバイル) 61.31点
11 SpinNet(ソフトバンク) 60.65点
12 Yahoo! BB(ソフトバンク) 60.13点

※ランキングにはドコモ光以外で選べるプロバイダも含まれます。
つまり、全てのプロバイダの中で、GMOとくとくBBの顧客満足度が一番高いです。

 

実際の口コミはTwitterからも調査

選ぶプロバイダが決まったら、Twitter(twitter.com)からも口コミを調べてみてください。

Twitterの検索窓からプロバイダ名を入力して調べると、実際の利用者のコメントがわかります。

 

[選び方6]無料レンタルルーターのスペックを確認

無料レンタルルーターのスペックを調べます。

Wi-Fiルーターのスペックや型番に基準は無く、プロバイダが独自に決めているためです。

調べ方は各プロバイダの特典ページや、ルーターの説明ページから分かります。

 

プロバイダ全24社のルーターを比較した結果

実際に、全24社のルーターの性能を比べました。

結果、GMOとくとくBBのルーター性能が一番高かったです。(Wi-Fi最大速度:1733Mbps)

 

その他、ぷららやOCN、@niftyは全て867Mbpsで同じスペックでした。

なお、一部のプロバイダは無料レンタルがありません。

 

全24社のルーター比較はここをタップ

※複数のルーター型番があるプロバイダは選択形式(ぷららとandlineは選択不可)

プロバイダ ルーター型番 ルーター性能
(Wi-Fi最大速度)
GMOとくとくBB ・WSR-2533DHP3(BUFFALO)
・Aterm WG2600HS2(NEC)
・WRC-2533GST2(ELECOM)
1733Mbps
ぷらら(※) ・WN-PL1167EX03(IO-DATA)
・Aterm WG1200HS3(NEC)
・WSR-1166DHPL2/N(BUFFALO)
867Mbps
OCN ・IPoE対応ルーター 01(NEC) 867Mbps
@nifty ・WRC-1167GS2H-B(ELECOM)
・WSR-1166DHPL2(BUFFALO)
867Mbps
BIGLOBE ・Aterm WG1200HS3(NEC) 867Mbps
Tigers.net ・WSR-1166DHPL2/N(BUFFALO) 867Mbps
andline ・WRC-1167GST2(ELECOM)
・WRC-1750GSV(ELECOM)
・WRC-1167GS2-B(ELECOM)
・WN-DX1167GR(IO-DATA)
867Mbps
hi-ho ・WRC-1167GS2H-B(ELECOM) 867Mbps
BB.excite ・WSR-1166DHPL2(BUFFALO) 867Mbps
IC-net ・型番不明 867Mbps
ちゃんぷるネット ・WN-SX300FR(IO-DATA) 300Mbps
SPEEDIA ・型番不明 不明
ドコモnet ・ドコモ光ルーター 01
 ※購入必要
867Mbps
@TCOM ・WN-SX300FR(IO-DATA)
・WN-DX1167GR(IO-DATA)
・PA-WX3000HP(NEC)
 ※全て有料レンタル
2402Mbps
DTI ・取り扱い中止
AsahiNet ・取り扱いなし
エディオンネット
楽天BB
WAKWAK
TikiTiki
TNC
COARA
SYNAPSE
@ネスク

※ぷららは公式サイトに型番なしのため、口コミから調査。

 

[選び方7]限定キャッシュバックの有無を調べる

プロバイダの限定キャッシュバックの有無も調べます。

キャッシュバックがあるプロバイダは、GMOとくとくBB、ぷらら、OCN、@niftyの4社のみです。

【キャッシュバック付きのプロバイダは4社のみ】

プロバイダ キャッシュバック金額 キャッシュバック時期
GMOとくとくBB 20,000円 5ヶ月後
ぷらら 15,000円 5ヶ月後
OCN 20,000円 3ヶ月後
@nifty 20,000円 12ヶ月後

 

他のプロバイダ20社は、キャッシュバックが無いのでドコモ公式特典のみ対象になります。

なお、キャッシュバックがある4社も、ドコモ公式特典の対象です。

 

[選び方8]訪問サポートとセキュリティの特典を調べる

プロバイダによっては、訪問サポート無料とセキュリティ無料の限定特典を用意しています。

重要度は低いですが、訪問サポートやセキュリティソフトを使いたい人は、特典があるプロバイダを選択してください。

 

調べ方は、ドコモ公式の『ドコモ光 1ギガ対応プロバイダ一覧』の確認です。

なお、ドコモ公式特典の、工事無料・dポイント付与・スマホ代割引はどのプロバイダも対象です。

 

プロバイダ全24社の限定特典を比較した結果

全24社の限定特典を調べました。

結果、訪問サポートは初回無料で、セキュリティソフトは12ヶ月無料が一般的でした。

 

一方で、Tigers.netのように、阪神タイガース関連コンテンツ一部無料の特典を用意しているプロバイダもあります。

プロバイダの独自特典で選びたい人は、参考にしてください。

 

全24社の限定特典の比較はここをタップ
プロバイダ 評価結果 訪問サポート セキュリティ その他特典
ぷらら 初回無料 24ヶ月無料 ひかりTVエントリープラン無料
Tigers-net 初回無料 契約期間中無料 阪神タイガース関連コンテンツ一部無料
BB.excite 初回無料 36ヶ月無料
IC-net 2回無料 契約期間中無料
SIS 初回無料 契約期間中無料
GMOとくとくBB 初回無料 12ヶ月無料
OCN 初回無料 12ヶ月無料 OCNモバイルONEの割引
@nifty 初回無料 12ヶ月無料
BIGLOBE 初回無料 12ヶ月無料
ドコモnet 有料 12ヶ月無料
andline 初回無料 12ヶ月無料
@TCOM 初回無料 12ヶ月無料
楽天BB 12ヶ月無料
hi-ho 初回無料 12ヶ月無料
SYNAPSE 初回無料 12ヶ月無料
TNC 有料 12ヶ月無料
エディオンネット 有料 有料
WAKWAK 有料 有料
TiKiTiKi 有料 有料
ちゃんぷるネット 12ヶ月間無料 有料
DTI ×
AsahiNet × 有料
COARA × 有料
@ネスク × 有料

 

以上がプロバイダの選び方と調査方法でした。

 

もり

選び方とポイントは、当サイト作成にあたり調べた内容でもあります。

以上の、8つのポイントを調べた結果、GMOとくとくBBが一番お得でした。

 

\このページ限定!最大2万円がもらえる/

<ドコモ光:キャンペーンサイト>

 

 

 

ドコモ光のプロバイダとは?役割や料金の違いを比較

 

「そもそもプロバイダはなぜ必要?」「ちがいは何?」と考える人へのまとめです。

 

役割はインターネットとドコモ光をつなぐこと

プロバイダの役割は、ドコモ光のような光回線事業者とインターネットをつなぐことです。

ドコモ光は光回線を用意しますが、プロバイダがあることでインターネットへ繫がります。

【プロバイダの役割とは?】

 

言い換えると、ドコモ光はプロバイダが無いとインターネットへ繫がりません。

必ずドコモ光とセットで申し込みしてくださいね。(指定しなければ、プロバイダとセット申し込みになります。)

 

全24社のプロバイダごとのちがいを比較

ちがいは実際の通信速度、月額料金、限定特典、プロバイダオプション、レンタルルーターです。

工事無料の公式特典や最大通信速度は同じです。

 

プロバイダで変わることと、変わらないことを一覧で比較しました。

【プロバイダのちがいを比較】

変わること 変わらないこと
・実際の通信速度
・月額料金
・プロバイダの限定特典
・プロバイダオプション
・レンタルルーター
・最大通信速度
・公式キャンペーン
・工事費や初期費用
・ドコモ光セット割
・提供エリア(※)

※プロバイダの『TNC』と『@TCOM』のみ提供エリアが他のプロバイダと違います。

 

言い換えると『変わること』に着目してプロバイダを選べば、失敗しません。

選び方は『ドコモ光のおすすめプロバイダの選び方』で解説しています。

 

ブロバイダ料込みの月額料金は?

プロバイダ料はかからず、ドコモ光の月額料金に含まれています。

ドコモ光は、プロバイダ一体型の光コラボモデルのためです。

 

例えば、マンションで4,400円/月の人は、4,400円/月の中にプロバイダ料金も含まれています。

戸建て(5,720円)の場合も同じです。

 

改めてプロバイダ料込みのドコモ光の料金をまとめておきます。

【ドコモ光の月額料金(プロバイダ料込み)】

プロバイダタイプ
タイプA タイプB
マンション 4,400円 4,620円
戸建て 5,720円 5,940円

※全て税込み表記

 

一応、ドコモ光の『単独タイプ』を選んだ場合は、月額料金にプロバイダ単体の料金が追加されます。

しかし、単独タイプを指定しない限り、プロバイダ一体型タイプになります。

 

ブロバイダの工事費や契約手数料は?

プロバイダ単独での工事費や契約手数料はありません。

つまり、ドコモ光の工事費や初回の事務手数料と料金は同じで、プロバイダごとのちがいはありません。

【ドコモ光の工事費や手数料】

プロバイダタイプ
タイプA タイプB
マンション 初回の事務手数料:3,300円
工事費:16,500円
⇒特典で無料
戸建て 初回の事務手数料:3,300円
工事費:19,800円
⇒特典で無料

※全て税込み表記

 

タイプAとタイプBを比較したちがいとは?

タイプAとタイプBの違いは、月額料金と選べるプロバイダのみです。

プロバイダごとにサービスは若干違いますが、ドコモ光のスマホ割や通信速度、工事費は全く同じです。

 

言い換えると、タイプBのOCNやAsahiNetは、タイプAの月額料金で契約できません。

改めて違いを一覧でまとめました。

【タイプAとタイプBの比較一覧】

タイプA タイプB
違うところ 月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,960円
マンション:4,620円
選べる
プロバイダ
18社 6社
プロバイダ
サービス
各プロバイダのホームページ参照
同じところ 最大通信速度 1Gbps(上り/下り)
工事費 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
ドコモ光セット割
(スマホ代割引)
月あたり~1,100円引き

※全て税込み表記

 

なお、おすすめのプロバイダはタイプA、タイプBはおすすめしません。

タイプBは、タイプAよりも月額料金が220円高いですが、それに見合った特典やサービスがないためです。

 

一応、タイプBのOCNのみ、OCNモバイルONEのスマホ代割引(220円/月)もあります。

それでも、そもそも月額料金が220円高いので、お得では無いです。

 

以上が、ドコモ光のプロバイダ料金と内容でした。

 

もり

ドコモ光はプロバイダ一体型なので、個別のプロバイダ料はかかりません。

また、特別なこだわりが無ければ、タイプAを選んだ方がお得です。

 

 

 

ドコモ光のプロバイダの申し込みと設定の【6つの手順】

 

ドコモ光とプロバイダの申し込み手順を、6ステップでご紹介します。

なお、ドコモショップでも手続き出来ますが、限定特典があるネット申し込みがお得です。

 

[手順0]乗り換える人の準備(転用/事業者変更)

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えたい人(転用)や、他のコラボ光から乗り換えたい人(事業者変更)は事前準備が必要です。

新規申込の人は、この項目をスキップしてください。

 

フレッツ光から転用する人

フレッツ光から転用で乗り換える人は、転用承諾番号をNTT東日本・西日本から入手してください。

Web申請もしくは電話でもらえます。

【Web経由の転用承諾番号のもらい方】

【電話での転用承諾番号のもらい方】

以下のフレッツ光公式へ電話を掛け、「乗り換えのための『転用承諾番号』が欲しい」と伝える。

  • NTT東日本
    ・電話番号:0120-140-202
    ・受付時間:9:00~17:00(年末年始除く)
  • NTT西日本
    ・電話番号:0120-553-104
    ・受付時間:9:00~17:00(年末年始除く)

 

他の光コラボからドコモ光へ事業者変更

他の光コラボからドコモ光へ乗り換える人は、事業者変更承諾番号を各事業者から入手してください。

ほとんどの事業者は電話でもらえるので、「ドコモ光へ乗り換えたい」と伝えれば問題ありません。

 

代表的な事業者の電話番号をまとめておきました。

光コラボ事業者 電話番号 受付時間
ソフトバンク光 0800-111-2009 10:00~19:00(年中無休)
楽天ひかり 0800-600-0222 9:00〜18:00(年中無休)
ビッグローブ光 0120-907-505
03-6479-5716
9:00~18:00(年中無休)
So-net光プラス 0120-45-2522 9:00~18:00(年中無休)

 

もり

フレッツ光やソフトバンク光の人は、まず乗り換えの手続きを済ませてください。

 

[手順1]プロバイダの限定特典サイトで手続き

GMOとくとくBB、ぷらら、OCN、@niftyの4社は、限定特典サイトから手続きします。

4社以外は限定特典がないので、ドコモ公式サイトからWeb申込してください。

 

プロバイダ別の申込先はもまとめました。

【ドコモ光のプロバイダ別申込先】

プロバイダ 申込先
GMOとくとくBB 限定特典サイトはこちら
ぷらら 限定特典サイトこちら
OCN 限定特典サイトこちら
@nifty 限定特典サイトはこちら
上記以外のプロバイダ ドコモ公式サイトはこちら

 

移動後は、名前、ドコモ携帯番号、折り返し電話の連絡希望日の必要情報を入力します。

 

なお、ドコモ携帯やスマホ番号が無い人は、WEB申し込みが出来ません。

ドコモショップで手続きしてください。

 

[手順2]担当者からの折り返しの電話で打ち合わせ

登録した『ご連絡希望日時』に、担当から電話がかかってきます。

この電話でドコモ光の料金、初期費用、工事日、キャンペーンなどの詳しい内容を確認します。

 

聞いた内容に問題が無ければ、そのまま契約の手続きを進めましょう。

この時点で希望した内容と違えば話を聞いて終わります。

 

工事日は電話が終わった後の、ドコモ公式からのSMS経由で予約します。

なお、打ち合わせの電話から工事までは早くて2週間後、遅くて1カ月後くらいです。

 

[手順3]プロバイダごとに無料レンタルルーター手続き

無料ルーターのレンタル手続きをします。

プロバイダによっては電話時に手配してくれますが、多くのプロバイダはドコモ光の申し込み後に申請が必要です。

 

ここでは、GMOとくとくBB、ぷらら、OCNのレンタル手続きをご紹介します。

【GMOとくとくBBのルーターレンタル】

  1. GMOとくとくBB(0570-045-109)からSMSを受け取り
  2. SMSに書かれているアドレスから専用ページへログイン
  3. 支払い方法を登録
  4. Wi-Fiルーターを選び、発送先、メールアドレスを入力

※ログインには生年月日、電話番号、郵便番号が必要

ぷららのルーターレンタル手順こちら

【ぷららのルーターレンタル】

  1. ぷららの申し込みを済ませ、会員証を受け取る(1週間後)
  2. ぷららマイページへログインする
  3. 『利用状況照会メニュー』の『IPoEご利用状況』からルーターを申し込み
  4. ルーターを受け取り接続する(1週間後)

※引用元:ぷらら無料ルーターレンタル

OCNのルーターレンタル手順こちら

OCNはルーターレンタルのために、『v6アルファの申込手続き』が必要です。

【OCN v6アルファの申込手続き】

  1. OCN v6アルファ申し込みサイトへ移動
  2. 『お申し込み』ボタンから手続き
  3. マイページへログインしてv6アルファ申し込み

 

なお、無料ルーターレンタルが無いプロバイダを選んだ場合、ご自身でルーターを購入してくださいね。

 

[手順4]ドコモ光×プロバイダの開通工事と接続

予定日に、ドコモ光の工事を実施してもらいます。

開通工事はNTT公式の派遣業者が実施しますが、ルーターなどの機器は自分で接続します。

 

工事は1~2時間くらいで終わりますが、半日は余裕を見ておいてください。

公式サイトに工事のイメージがありましたので、ご紹介しておきます。

【ドコモ光×GMOとくとくBBの工事と接続】

※引用元:派遣工事・無派遣工事について

 

[手順5]レンタルルーターのWi-Fi設定

ルーターのWi-Fi設定をします。

 

iPhone/AndroidスマホのWi-Fi設定

スマホのWi-Fi設定の手順は、3ステップです。

【スマホのWi-Fi設定の手順】

  1. iPhone/Androidの(設定)をタップ
  2. Wi-Fiを『ON』にしてルーターのSSIDを選ぶ
  3. 暗号化キーを入力する

 

SSIDと暗号化キーは、ルーターの側面もしくは底面に書かれています。

【ルーターのSSIDとパスワード】

 

WindowsのWi-Fi設定

WindowsのWi-Fi設定手順も3ステップです。

【WindowsのWi-Fi設定の手順】

  1. 『タスクトレイ』ある(Wi−Fiアイコン)をクリックする
  2. Wi-Fiを『ON』にしてルーターのSSIDを選ぶ
  3. 暗号化キーを入力する

 

以上で、WindowsのWi-Fi設定は終わりです。

 

ルーターのWi-Fi設定が分からない場合は?

ルーターの設定に自信がない方は、GMOとくとくBBの申し込み時に『訪問設定サポート』をお願いしてください。

初回無料で初期設定をしてくれます。

 

ちなみに、ご自身で分からなくなったときは、GMOとくとくBB公式の設定動画を参考にしてくださいね。

 

無線ルーターの設定が終われば、ドコモ光が使える状態になります。

v6プラスは、設定済みのルーターが送られてくるので、ご自身で何もする必要はありません。

 

[手順6]キャッシュバックを受け取る

最後に、GMOとくとくBBから限定キャッシュバックを受け取ります。

開通してから4カ月後に、GMOとくとくBBからメールの連絡がありますので、口座情報を登録します。

 

口座を登録すると、5ヶ月目の末日にキャッシュバックが振り込まれます。

3ステップでポイントをまとめておきました。

【キャッシュバックの受け取り方法】

  1. 『GMOとくとくBBお客さまセンター』からメールを受け取る
  2. メールに書かれているとおりに、口座情報を登録する
  3. 口座を登録した月の翌月末にキャッシュバックの振込

 

以上の手続きが終われば、ドコモ光×GMOとくとくBBの申し込みが完了です。

 

もり

申し込みは以下の専用ページからです。

限定キャッシュバックはとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

ドコモ光のプロバイダの変更方法とおすすめの変更先

 

プロバイダの変更方法や、費用、おすすめの変更先をご紹介します。

変更時の注意点もまとめました。

 

プロバイダ変更の手順は4ステップ

変更手順は5ステップです。

 

[手順1]電話かドコモショップで変更手続き

ドコモインフォメーションセンターへの電話かドコモショップで、プロバイダの変更手続きをします。

手続きには、ペア回線のドコモの携帯番号かドコモ光のお客様IDが必要なので、準備しておきます。

 

また、申し込み時に、プロバイダの切り替え日も指定してください。

指定しなければ、10日前後で今のプロバイダから新しいプロバイダへ切り替わります。

【電話での手続き】

  • ドコモインフォメーションセンターへ電話
  • 電話番号
    ・ドコモスマホ:151(局番無し)
    ・一般電話から:0120-800-000
  • 受付時間  :午前9時~午後8時
  • 方法    :「7」→「1」→「4」の順に押す

【ドコモショップ】

 

[手順2]新しいプロバイダの書類を受け取る

申し込みから1週間くらいで、新しいプロバイダの契約書類が届きます。

書類にはプロバイダのユーザーIDやパスワードが記載されています。

 

手続きは必要ないですが、保管しておいて下さい。

また、新しいプロバイダがルーターを貸し出している場合は、レンタルの手続きもしてください。

 

[手順3]プロバイダの切り替わりとルーターの設定

指定した利用開始日に、自動的にプロバイダが切り替わります。

プロバイダが切り替われば、ルーターを新しいプロバイダからのレンタル品に交換します。

 

交換できれば、ルーターのWi-Fi設定をします。

設定は今までのプロバイダやルーターと同じです。

 

例えばスマホなら、設定からWi-FiをONにして、ルーターのSSIDを選び、暗号化キーの入力です。

インターネットに繫がれば、切り替わり完了です。

 

[手順4]今までのレンタルルーターを返却

今までのプロバイダからルーターをレンタルしていた人は、ルーターを指定の場所へ返却します。

なお、ルーターのレンタルは、一定年数経過で返却不要になるケースもあります。

 

一方で、未返却時に違約金が発生するケースもあります。

各プロバイダ注意点を確認した上で、忘れずに返却してください。

 

もり

プロバイダの変更手順は以上です。

 

プロバイダ変更の手数料や工事費は?

変更にかかる手数料は3,300円です。

単独タイプからプランA/Bへの申し込み時のみ、手数料無料で変更できます。

工事費はかかりません。

【プロバイダの変更手数料】

手続きパターン 必要な手数料
同一タイプ内(タイプA/B) 3,300円
タイプAからタイプB 3,300円
タイプBからタイプA
単独プランからタイプA/タイプB 無料
タイプA/タイプBから単独プラン 3,300円

※全て税込み表記

 

プロバイダ変更はキャンペーンは対象外

プロバイダ変更は、限定特典やキャンペーン、キャッシュバックの対象外です。

例えば、GMOとくとくBBの20,000円キャッシュバックは、新規もしくは他光回線からの乗り換えのみ有効です。

 

具体的に、対象となる特典とならない特典をまとめました。

【対象になる特典とならない特典】

対象キャンペーン 対象外キャンペーン
・無料ルーターレンタル
・インターネットセキュリティ1年無料
・限定キャッシュバック
・dポイント付与
・新規工事無料
・訪問サポート無料

 

無料ルーターは対象内なので、プロバイダ変更後に申込手続きしてください。

 

プロバイダ変更のよくある質問や注意点

よくある質問や注意点も、5つまとめました。

 

[Q1]ドコモ光セット割(スマホ割引)の変更手続きは必要?

ドコモ光セット割の変更手続きは、必要ありません。

セット割はドコモと契約している内容であり、プロバイダは関係ないためです。

 

[Q2]プロバイダのメールアドレスが変更になる

プロバイダの独自メールアドレスは、新しいものに変更になります。

例えば、ぷららメール(XXX@OOO.plala.or.jp)がGMOメール(XXX@OOO.gmobb.jp)になるイメージです。

 

もし、今まで独自メールアドレスをを使っていた人は、メールの消失に注意しましょう。

必要なメールがある場合は、別のアドレスへ転送しておくことをおすすめします。

 

[Q3]一部のプロバイダは解約手続きが必要

ドコモ光は一部のプロバイダは自動解約されません。

以下に該当するプロバイダは、ドコモへの申請とは別にプロバイダへ解約申請してください。

【解約申請が必要なプロバイダ】

  • hi-ho
    ・・・ちょこっとコース(月額220円)へ変更となる
  • andline
    ・・・無料だが契約は継続になる
  • AsahiNet
    ・・・会員契約が継続になる

 

[Q4]一部の有料オプションは解約手続きする

今までのプロバイダで有料オプションを利用していた場合、変更しても自動継続するケースがあります。

例えば、DTIはそのケースに当たります。

【DTIのプロバイダ提供条件書】

● 「ドコモ光」解約時(プロバイダ変更)の契約の扱いについて(DTI)

・ 「ドコモ光」を解約されてもオプションサービスのみ自動継続となります。オプションサービスの継続意向がない場合は、別途プロバイダ窓口へお申し出ください。

※引用元:DTIのプロバイダ提供条件書

 

この場合は、ドコモへの申請とは別に、契約中のプロバイダへオプション解約の申請をしてください。

 

[Q5]プロバイダ変更で違約金や解約金はかかる?

ドコモ光の提携プロバイダの場合、基本的には違約金や解約金はかかりません。

ただし、単独タイプで個別でプロバイダを契約していた場合、解約金がかかるケースがあります。

この場合は、契約中のプロバイダの契約条件を確認してください。

 

変更先のおすすめも『GMOとくとくBB』

変更先におすすめなプロバイダも、GMOとくとくBBです。

限定キャッシュバックはありませんが、通信速度が速く安定していることが一番の理由です。

比較結果は、本記事の『【全24社】ドコモ光のプロバイダのランキング【比較一覧】』を確認してください。

 

なお、実際にプロバイダ変更した人の口コミも調べてみました。

結果、GMOとくとくBBへ乗り換えた人が一番多かったです。

 

以上の通り、一番変更先で外れが少なく、通信速度が速いプロバイダがGMOとくとくBBです。

 

もり

改めると、プロバイダ変更はドコモインフォメーションセンターへの電話です。

新規申込の人は、以下の限定特典サイトから手続きしてください。

 

\このページ限定!最大2万円がもらえる/

<ドコモ光:限定特典サイト>

 

 

 

ドコモ光のプロバイダのよくある質問・注意点

 

最後に、ドコモ光のプロバイダのよくある質問と注意点です。

 

契約中のプロバイダを確認する方法は?

プロバイダを確認する方法は3つあります。

 

[方法1]『確認君+(Plus)』にアクセスして確認

プロバイダ確認サイトへアクセスすると、契約中のプロバイダが表示されます。

以下のリンクから確認サイトへ移動してください。

⇒確認君+(Plus)へ移動する

 

『お使いのプロバイダー(ISP)』に、契約中のプロバイダが表示されます。

【確認結果のイメージ】

 

[方法2]My docomoから確認

My docomoからでもプロバイダを確認できます。

ドコモ光の情報が一覧で書かれているためです。

【My docomoからの確認手順】

  1. My docomoへログインする
  2. 『ドコモ光』の『プロバイダ』を確認

 

[方法3]契約書面で確認

ドコモ光の契約書面でもプロバイダを確認できます。

ドコモから郵送された書面を確認するか、プロバイダからの会員証を確認してください。

 

プロバイダが遅いと感じたら?

まずは、v6プラスへの接続を確認してください。

v6プラスに繋がっていないと、遅くなる可能性があります。

【v6プラスの確認方法】

  1. 確認サイトにアクセス(http://v6v4.net/
  2. 『こちら』のボタンを押す
  3. 判定結果を確認する

 

なお、接続しなかった場合、プロバイダが提供してくれているルーターを使ってください。

市販のルーターでも、v6プラスに対応するものはありますが、プロバイダのルーターは設定が要りません。

 

なお、ルーターを用意しても繋がらない場合は、一度プロバイダに相談してみてくださいね。

 

Pingが一番速いプロバイダは?

@TCOM、WAKWAK、@nifty、AsahiNetの4社が、Pingが17msと一番速いです。

ただし、通信速度や限定特典も考えるなら、GMOとくとくBBが一番お得です。

プロバイダ全24社の比較は、当記事の『プロバイダ全24社の通信速度ランキング』をご確認ください。

 

プロバイダのタイプCのメリットは?

メリットは、地域独自のケーブルテレビが視聴できることです。

タイプCはケーブルテレビ会社の回線を使ってドコモ光を提供するので、その回線でケーブルテレビを見る形ですね。

 

しかし、光電話とひかりTVが使えない、大きなデメリットがあります。

また、v6プラス非対応なので、通信が不安定になる可能性もあります。

 

メリットよりもデメリットが大きいので、もともとケーブルテレビを使っていない限り、タイプCはお得感はないです。

 

PS4やNintendo Switchにおすすめのプロバイダは?

おすすめはGMOとくとくBBです。

PS4やNintendo Switch自体は、それほど通信速度必要ないため、どのプロバイダでも使えます。

 

ただし、トータルの通信速度とPing(応答速度)が速いほうが、ストレスなく通信できます。

なので、通信速度とPingが安定して速い、GMOとくとくBBがおすすめです。

 

オンラインゲームが出来るプロバイダは?

全てのプロバイダでオンラインゲームが出来ます。

ただし、プロバイダに限らず

 

プロバイダ不要で申し込み出来る?

『単独タイプ』で申し込みは自体は出来ますが、プロバイダを契約しないとネットは使えません。

言い換えると、ご自身でプロバイダを契約すれば、ドコモ光が指定する24社以外も利用可能です。

 

ただし、『単独タイプ』は『タイプA』や『タイプB』よりも、トータルの月額料金は高いです。

プロバイダにこだわりがある人だけ、『単独タイプ』を申し込んでください。

【単独タイプは月額料金が高い】

タイプ 戸建て マンション
タイプA 5,720円 4,,400円
タイプB 5,960円 4,620円
単独タイプ 5,500円
(+プロバイダ料)
4,180円
(+プロバイダ料)

※全て税込み表記

 

ディーナビなどの代理店でプロバイダは指定できる?

代理店でもプロバイダの指定は出来ます。

 

ただし、一番お得な申し込み窓口は、GMOとくとくBBの限定特典サイトです。

理由は、代理店のキャッシュバックは手続きがややこしく、受け取れない可能性が高いからです。

 

例えば『ディーナビ』の場合、『申し込み時の申告』『Webからの申請』『書類の郵送』と3つの手続きが必要です。

また、どれか一つを忘れると受け取りは出来ません。

 

代理店ごとの特典や一番おすすめの申し込み窓口などは、別の記事でもまとめています。

以下の記事を参考にしてください。

 

 

戸建てとマンションでプロバイダに違いはある?

違いはありません。

戸建てとマンションのどちらでも、ドコモ光は全24社からプロバイダを好きに選べます。

 

なお、戸建てとマンションともに、おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。

おすすめ理由は、本記事の『ドコモ光のプロバイダのランキング【比較一覧】』をご確認ください。

 

フレッツ光からプロバイダそのままで乗り換えできる?

乗り換えできます。

この場合はまず、「ドコモ光へ乗り換えたい」と、フレッツ光へ申請してください。

 

やり方は、Webか電話での申請です。

【Web経由の転用承諾番号のもらい方】

【電話での転用承諾番号のもらい方】

以下のフレッツ光公式へ電話を掛け、「乗り換えのための『転用承諾番号』が欲しい」と伝える。

  • NTT東日本
    ・電話番号:0120-140-202
    ・受付時間:9:00~17:00(年末年始除く)
  • NTT西日本
    ・電話番号:0120-553-104
    ・受付時間:9:00~17:00(年末年始除く)

 

申請すると、『転用承諾番号』をフレッツ光から発行してもらえます。

転用承諾番号をもらった上で、限定特典サイトからドコモ光へ申し込みます。

 

なお、転用承諾番号には有効期限があるので、なるべく早く手続きしてくださいね。

 

プロバイダを解約したい。解約方法は?

ドコモ光は、プロバイダ単体での解約は出来ません。

ドコモ光自体を解約する必要があります。

 

ドコモインフォメーションセンターへ電話か、ショップで解約の手続きをして下さい。

【ドコモインフォメーションセンター】

  • ドコモ携帯から:151
  • 一般電話から:0120-800-000
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

【ドコモショップ】

 

なお、ドコモ光の解約は、タイミングにより違約金が発生します。

違約金がかかるタイミングや、無料にする方法は別の記事でもまとめているので参考にしてください。

 

 

ドコモ光10ギガに対応するプロバイダは9社

ドコモ光10ギガのプロバイダは9社から選べます。

9社のプロバイダを一覧でまとめました。

【ドコモ光10ギガ対応のプロバイダ一覧】

タイプ プロバイダ
タイプA
GMOとくとくBB
ドコモnet
ぷらら(plala)
andline
hi-ho
IC-net
タイプB
BB.excite
ASAHIネット
エディオンネット

 

10ギガのおすすめプロバイダは、ドコモ光1ギガと同じようにGMOとくとくBBです。

理由は、タイプAで月額料金が安く、通信速度が速いためです。

 

また、GMOとくとくBBのみ10ギガ専用ページからの申し込みで限定特典があります。

 

ただし、インターネットを動画やアプリなど、通常どおりに使いたい人は1ギガで十分です。

10ギガはエリアが限られていますし、1ギガよりも1,100円以上高く、今のところお得ではありません。

 

1ギガでは物足りない人だけ、申し込んでくださいね。

 

もり

以上で、よくある質問と注意点のまとめを終わります!

 

 

 

【まとめ】ドコモ光おすすめプロバイダの比較

 

最後にまとめです。

この記事では、ドコモ光の全24社のプロバイダから、おすすめのプロバイダをご紹介しました。

 

改めると、一番のおすすめはGMOとくとくBBです。

理由は、通信速度にとてもこだわりがあり、高速でありながら、安定してドコモ光を使えるためです。

 

高速で安定してドコモ光を使えるのは、とても大きなメリットで、

動画やWebサイト検索、スマホのアプリはもちろんですが、FPSゲームや、複数デバイスの同時利用にも一番強いプロバイダになります。

 

限定特典サイトからの申し込みにより、最大20,000円の限定キャッシュバックもあります。

このような理由から、当サイトではGMOとくとくBBを一番のおすすめプロバイダにしています。

 

GMOとくとくBBの限定特典は以下のリンクからのみ受付です。

これから申し込みする人は、以下の専用サイトから手続きしてくださいね。

 

もり

GMOとくとくBBの限定特典はとてもお得ですよ。

 

ドコモ光の申し込みで
最大2万円の限定キャッシュバック

キャンペーンはこちら

<特典専用の申込みページ>

 

 

 

【参考】ドコモ光で取り扱いがないプロバイダと理由

 

ドコモ光で取り扱いが無いプロバイダとその理由も調査しました。

ご紹介する3社はドコモ光の提携プロバイダではありません。

 

Yahoo!BB(ソフトバンク)

Yahoo!BBは(ソフトバンク)は、ドコモ光の提携プロバイダではないので、タイプAやタイプBでは選べません。

 

一方で、Yahoo!BBはソフトバンク光の提携プロバイダになります。

なので、Yahoo!BBのプロバイダを使いたい人は、ソフトバンク光をおすすめします。

 

Yahoo!BBのプロバイダサービスが使える上に、提携プロバイダなので個別に契約するより月額料金も安くなります。

なお、ソフトバンク光には限定特典サイトから手続きでキャッシュバックもあります。

 

これから申し込みする人は、以下のリンクから申し込みしてください。

特典は新規申込だけで無く、フレッツ光や他の光回線からの乗り換えも対象です。

⇒ソフトバンク光の限定特典サイト

 

ドコモ光でYahoo!BB(ソフトバンク)を使いたい人は、『単独タイプ』で契約してください。

 

So-net(ソネット)

So-net(ソネット)は2019年7月1日(月)に、ドコモ光のプロバイダ事業をNTTぷららに譲渡しました。

つまり、過去は提携プロバイダでしたが、現在はドコモ光と提携しておりません。

 

これは、So-netの公式サイトでも発表されています。

【So-netから重要なお知らせ】

ドコモ光の新規受付を終了いたしました。

当社が運営する「So-net for ドコモ光」の事業を株式会社NTTぷららに2019年7月1日(月)付で事業譲渡する運びとなりました。
これに伴い、2019年6月13日(木)をもって「ドコモ光」の新規およびコース変更のお申し込みの受付を終了いたしました。

※引用元:So-net公式サイト

 

なので、プロバイダにSo-netを選びたい人は、So-net光プラスを選んでください。

以下の限定特典サイトからの手続きで、キャッシュバックがあります。

⇒So-net光プラス限定特典サイト

 

なお、So-net光プラスにはドコモスマホの割引きがありません。

なので、ドコモスマホ代割引を受けたい人は、ドコモ光×GMOとくとくBBの組み合わせがおすすめです。

 

SANNET(サンネット)

SANNET(サンネット)は、楽天モバイルが運営していたプロバイダです。

しかし、2020年3月31日にSANNET全サービスを終了しています。

つまり、SANNETを選ぶ方法はありませんので、他のプロバイダを選んでください。

 

以上が、ドコモ光で取り扱いが無いプロバイダとその解説でした。

 

もり

改めると、ドコモ光のプロバイダは、GMOとくとくBB一番お得です。

以下のリンクから申し込みしてくださいね。

 

\このページ限定!最大2万円がもらえる/

<ドコモ光:限定特典サイト>

 

 

 

-ドコモ光, プロバイダ

Copyright© かんたんネット選び【光回線】 , 2021 All Rights Reserved.