ソフトバンク光

ソフトバンク光のファミリータイプの違いは?ファミリーライトやギガスピードを比較


「ソフトバンク光のファミリータイプの違いって何?」

「ファミリーライトやギガスピードの選び方は?」

こう考える方は、この記事を見てくださいね。

 

もり

こんにちは!管理人のもりです。

この記事では、ソフトバンク光のファミリータイプをまとめました。

 

この記事の内容

  • ファミリータイプの選び方
  • ファミリータイプのちがいを比較
  • それぞれのファミリータイプの解説
    ・ファミリー・ギガスピード
    ・ファミリー・スーパーハイスピード
    ・ファミリー・ハイスピード
    ・ファミリー
    ・ファミリー・ライト
    ・ファミリー・10ギガ

 

【まず結論】ソフトバンク光のファミリータイプの選び方は?

 

それでは内容の前にまとめからです。

結論から言うと、ソフトバンク光のファミリータイプは選ぶ必要はないです。

 

理由は、ファミリータイプは選ばなくても、通常は「ファミリー・ギガスピード」か「ファミリー・スーパーハイスピード」が選ばれるからです。

2つの回線タイプは、最大通信速度が1Gbpsと速く料金も安いので一番お得です。

 

なお、2つのタイプのちがいは、NTT東日本エリアかNTT西日本エリアのみです。

つまり、ソフトバンク光の設置先が東京都なら「ファミリー・ギガスピード」、大阪府なら「ファミリー・スーパーハイスピード」が自動で選ばれます。

 

続いて、「ファミリー・ハイスピード」や「ファミリー」は、指定する必要はありません。

料金は「ギガスピード」や「スーパーハイスピード」と同じですが、通信速度が1/5〜1/10と遅くなるためです。

この2つは、フレッツ光の過去のタイプを流用したもので、現在は選ぶ人はいないです。

 

また、「ファミリー・ライト」も選ぶ必要は無いです。

ネットをほとんど使わない人向けの従量課金プランだからです。

 

「ファミリー・ライト」でいつもどおりに動画やネットを使うと、「ギガスピード」や「スーパーハイスピード」よりも月額料金が高くなります。

例えば、YouTube動画を月あたり4時間以上見る人は、「ファミリー・ライト」を選ぶと損します。

 

続いて「ファミリー・10ギガ」は速度にこだわる人だけ選んでください。

通常は選ぶ必要はないタイプです。

 

「ファミリー・10ギガ」は通信速度が10Gbpsと速いのですが、「ギガスピード」や「スーパーハイスピード」の1Gbpsでも十分動画やゲームで使えるからです。

また、他のプランと比べて月額料金が1,210円高く、通信代の節約にはなりません。

 

以上が、ソフトバンク光のファミリータイプの比較と選び方の結論です。

 

まとめの最後に、ソフトバンク光では専用ページからの申し込みで限定キャッシュバックがあります。

専用ページへのリンクは以下に設置していますので、こちらから手続きしてくださいね。

 

もり

限定特典はとてもお得ですよ。

 

ソフトバンク光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

ソフトバンク光のファミリータイプの比較一覧

 

ソフトバンク光のファミリータイプ(回線タイプ)を一覧で比較しました。

 

結果「ファミリー・ギガスピード(東日本)」もしくは「ファミリー・スーパーハイスピード(西日本)」が一番お得です。

最大通信速度が1Gbpsと十分速く、料金も安いからです。

 

ただし、利用者は申し込み時にファミリータイプを指定する必要はありません。

一番お得な「ファミリー・ギガスピード」や「ファミリー・スーパーハイスピード」が申し込みで自動で選ばれるからです。

 

比較した結果は以下の通りです。

提供エリア、最大通信速度、月額料金がそれぞれ違います。

【ファミリータイプ(回線タイプ)を比べた結果】

# ファミリータイプ 提供エリア 最大通信速度 月額料金
1 ファミリー・ギガスピード
(お得!)
NTT東日本 1Gbps 5,720円
2 ファミリー・スーパーハイスピード
(お得!)
NTT西日本
3 ファミリー・ハイスピード
日本全国 200Mbps
(※1)
4 ファミリー
100Mbps
5 ファミリー・ライト
4,290円
~6,160円
6 ファミリー・10ギガ
東京都、大阪府
愛知県の一部
10Gbps 6,930円

※1:IPv4の下りの最大通信速度
※2:全て税込表記

 

以上の通り、ファミリータイプにはちがいはありますが、ご自身でタイプを指定する必要はないです。

ソフトバンク光を申し込めば、最大通信速度1Gbpsのギガスピードやスーパーハイスピードが選ばれるからです。

 

なお、「5.ファミリー・ライト」は従量課金プランなので、動画を見たい人は割高になります。

なので、ファミリー・ライトはお得ではありません。

 

もり

これから申し込む人は、以下のリンクから手続きしてくださいね。

限定キャッシュバックがとてもお得ですよ。

 

\このページ限定キャッシュバック!/

<ソフトバンク光:正規代理店>

 

 

 

そもそもソフトバンク光のファミリータイプとは?

 

ソフトバンク光のファミリータイプは、6種類あります。

それぞれのタイプをかんたんにまとめました。

【ソフトバンク光のファミリータイプ一覧】

  1. ファミリー・ギガスピード
  2. ファミリー・スーパーハイスピード
  3. ファミリー・ハイスピード
  4. ファミリー
  5. ファミリー・ライト
  6. ファミリー・10ギガ

 

「ファミリー・ギガスピード」とは?

ファミリー・ギガスピードとは、最大1Gbpsで通信できるNTT東日本エリアで選べる回線タイプです。

例えば、東京都在住の人がソフトバンク光を戸建てで申し込むと、通常はファミリー・ギガスピードになります。

なので、ファミリーギガスピードは申し込み時にタイプを指定する必要はありません。

 

ファミリー・ギガスピードの料金や提供エリアをかんたんにまとめました。

【ファミリー・ギガスピードのまとめ】

提供エリア NTT東日本
最大通信速度 1Gbps
(上り/下り)
月額料金 2年自動更新 5,720円

※全て税込表記

 

ファミリー・ギガスピードのイメージ図もかんたんにまとめました。

【ファミリー・ギガスピードのイメージ図】

 

「ファミリー・スーパーハイスピード」とは?

ファミリー・スーパーハイスピードとは、NTT西日本エリアで使える最大通信速度が1Gbpsの回線タイプです。

例えば、大阪府在住の戸建ての人がソフトバンク光を申し込むと、通常はファミリー・スーパーハイスピードが選ばれます。

ソフトバンク光を申し込むだけなので、スーパーハイスピードを指定する必要はないです。

【ファミリー・スーパーハイスピードのまとめ】

提供エリア NTT西日本
最大通信速度 1Gbps
(上り/下り)
月額料金 2年自動更新 5,720円

※全て税込表記

 

ファミリー・スーパーハイスピードのイメージ図は以下の通りです。

【ファミリー・スーパーハイスピードのイメージ図】

 

「ファミリー・ハイスピード」とは?

ファミリー・ハイスピードは、NTT東日本/NTT西日本エリアで使える、下り最大200Mbpsの回線タイプです。

「ファミリー・ギガスピード」や「ファミリー・スーパーハイスピード」と料金は同じですが速度が遅くなります。

 

ファミリー・ハイスピードを選ぶ必要は無く、申し込んでも通常は選ばれません。

【ファミリー・ハイスピードのまとめ】

提供エリア NTT東日本
NTT西日本
最大通信速度 IPv4 上り:100Mbps(※1)
下り:200Mbps
IPv6 上り:100Mbps(※1)
下り:1Gbps
月額料金 2年自動更新 5,720円

※1:NTT西日本は200Mbps
※2:全て税込表記

 

イメージ図もまとめました。

ソフトバンク光からの通信は最大1Gbpsですが、ホームゲートウェイから光BBユニットへの通信が最大200Mbpsになります。

【ファミリー・ハイスピードのイメージ図】

 

「ファミリー」とは?

ファミリーとは、NTT東日本/NTT西日本エリアで選べる、最大通信速度が100Mbpsの回線タイプです。

通信速度が他のタイプよりも遅く、料金も同じなので、通常はこのタイプを選びません。

【ファミリーのまとめ】

提供エリア NTT東日本
NTT西日本
最大通信速度 100Mbps
(上り/下り)
月額料金 2年自動更新 5,720円

※全て税込表記

 

イメージ図もまとめました。

ホームゲートウェイからのパソコンの通信が100Mbpsになります。

【ファミリーのイメージ図】

 

「ファミリー・ライト」とは?

ファミリーライトは、2段階の定額制プランです。

データ量に応じて料金が変わりますが、データ量が少なければ安く済み多ければ逆に高くつきます

 

こちらのタイプも通常は選びません。

ただし、動画を見ない人やネットをほとんど使わない人は選んでください。

 

【補足1】具体的なデータ量と月額料金の関係は?

データ量と月額料金の関係も表でまとめました。

ファミリー・ライトは3GB以下で4,290円。10GBを超えると6,160円になります。

【ファミリー・ライトの料金】

データ量 ファミリー・ライト
~3GB 下限:4,290円
3GB~10GB 100MBごとに26.4円
(4,290円~6,160円)
10GB~ 上限:6,160円

※全て税込表記

 

料金のイメージは以下の通りです。

【ファミリーライトの料金】

 

通信速度は最大100Mbps

ファミリー・ライト通信速度は最大100Mbpsです。

【最大通信速度】

ファミリー・ライト
上り 100Mbps
下り 100Mbps

 

「ファミリー・10ギガ」とは?

ファミリー10ギガは、NTT東日本/NTT西日本エリアで選べる最大通信速度が10Gbpsの回線タイプです。

通信速度が他のタイプよりも速いですが、月額料金が1,210円上がります。

 

通常は選ばないタイプですが、速度にこだわりがある人のみ選んでください。

なお、申し込み時に「ファミリー・10ギガ」と、回線タイプを指定する必要があります。

【ファミリーのまとめ】

提供エリア NTT東日本/NTT西日本
※一部エリア
最大通信速度 10Gbps
(上り/下り)
月額料金 2年自動更新 6,930円

※全て税込表記

 

ファミリー・10ギガのイメージ図もまとめました。

インターネットからパソコンまで、最大10Gbpsの通信速度で繫がります。

【ファミリー・10ギガのイメージ図】

 

以上が、ソフトバンク光のファミリータイプ6種類の解説です。

 

もり

タイプを指定しなくても、一番お得な「ファミリー・ギガスピード(東日本)」もしくは「ファミリー・スーパーハイスピード(西日本)」が選ばれます。

以下のリンクから手続きして限定キャッシュバックを受け取ってください。

 

ソフトバンク光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

 

ソフトバンク光の「ファミリーライト」はお得?

 

普段からインターネットを使う人はお得ではありません。

使った分で料金が変わる従量課金プランで、一定以上インターネットを使うと定額プランより料金が高くなるためです。

 

月あたり8.5GB以上のネットを使うと損!

「ファミリーライト」は、月あたり8.5GB以上のネットを使うと損になります。

従量課金により、それ以上の使うと定額プランの料金を超えます。

【定額プランとの料金比較】

 

月あたり8.5GBのデータで出来ることは?

8.5GBのデータ量で出来ることは、YouTube再生だと1ヶ月あたり4時間です。

LINE通話だと1ヶ月あたり470時間になります。

 

つまり、ファミリーライトプランは、動画をよく見る人には不向きです。

その他の代表的なサービスのデータ消費量と8.5GBで使える量をまとめました。

【代表的なサービス】

サービス名 データ消費量 8.5GBで使える量 十分使える?
LINEトーク(写真) 3MB/回 2,800回
LINE通話 18MB/時間 470時間
LINEビデオ通話 307MB/時間 28時間
YouTube(高画質) 2.1GB/時間 4時間
音楽ストリーミング 87MB/時間 98時間
ネット閲覧 250KB/回 34,000回
パズドラ 600KB/時間 14,000時間
オンラインゲーム 100MB/時間 85時間

 

ファミリーライトのデータ量は確認できる?

My SoftBankやソフトバンクへの問い合わせではデータ量を確認できません。

スマホやパソコンから確認してください。

 

スマホ(Android)のデータ量を確認する方法

Androidは設定(歯車マーク)から確認できます。

【Andoridの通信量の確認方法】

  1. 「設定」から「ネットワークとインターネット」を選ぶ
  2. 「データ使用量」から「Wi-Fi データ使用量」選ぶ
  3. 使ったデータ量をチェックする

 

スマホ(iPhone)のデータ量を確認する方法

iPhoneだと「Data Care」アプリから確認できます。

【iPhoneの通信量の確認方法】

  1. App StoreからDataCareをダウンロード
  2. DataCareを起動し、通信量を確認する
    ※データ確認画面

 

パソコン(Windows10)のデータ量を確認する方法

Windows10は「ネットワークとインターネット」から確認できます。

【Windows10の通信量の確認方法】

  1. スタートメニューから設定(歯車)をクリック
  2. ネットワークとインターネットを選ぶ
  3. データ使用状況を選ぶ
  4. 概要の通信量(◯◯GB)をチェック

【確認画面】

 

ファミリーライトに向いている人は?

動画を見ない人やとオンラインゲームをしない人は、ファミリー・ライトの方がお得です。

以下のサービスを使わない人は、ファミリー・ライトの方がお得になります。

【これらのサービスを使わない人】

  • 動画配信サービス
    YouTube、Netflix、U-NEXT、DAZN、Amazonプライムビデオ、dTV 等
  • オンラインゲーム
    PUBG、Fortnight、荒野行動、スプラトゥーン、スマッシュブラザーズ、マインクラフト 等

※オンラインゲームの通信量はソフトによって変わります。

 

逆に、以下のサービス使う人は、ファミリー・ライトがおすすめです。

また、光電話や光テレビのみ使う人も、ファミリーライトの方がお得です。

【これらサービスを使う人】

  • ネットやメール、通話、ショッピング
    LINE通話、Skype、Yahoo!、楽天市場、Amazon
  • スマホゲーム
    パズドラ、ラブライブ!、FGO、モンスト、デレマス

 

以上が、ファミリーライトがお得か?確認した結果でした。

 

もり

動画をよく見る人は、ファミリーライトでは無く定額プランを選んでください。

以下のリンクから申し込めば、プランを指定しなくても定額プランになります。

 

\このページ限定キャッシュバック!/

<ソフトバンク光:正規代理店>

 

 

 

ソフトバンク光のファミリータイプを変更したい

 

ソフトバンク光のファミリータイプを変更したい人へ、変更方法と手数料をまとめました。

 

回線タイプの変更方法は?

ソフトバンク光のカスタマーセンターへの電話です。

「ファミリーライトからファミリーギガスピード」や「ファミリースーパーハイスピードからファミリー10ギガ」など、全て電話で受け付けてくれます。

【カスタマーセンター】

186-0800-111-2009
※受付時間:10:00~19:00

 

回線タイプの変更に料金がかかる?

事務手数料が3,300円かかります。

ソフトバンク光の公式ページを調べたところ、品目変更(回線タイプ変更)で手数料がかかるとありました。

Q:[SoftBank 光]フレッツ光回線の品目(種別)変更の手数料・工事費はいくらですか?

A:品目変更の手数料は「SoftBank 光」申し込み際に事務手数料として3,300円かかります。

また、工事費については、派遣工事ありの場合26,400円または10,560円、派遣工事なしの場合は2,200円です。

※引用元:ソフトバンク光公式Q&A

 

工事費も書かれていますが、工事済みならかかりません。

 

もり

変更を迷っている人も、まずは電話で相談してくださいね。

 

 

 

【まとめ】ソフトバンク光のファミリータイプ

 

さてこの記事では、ソフトバンク光のファミリータイプをまとめました。

改めてポイントを整理します。

この記事のまとめ

  • ファミリータイプは全部で6種類
  • ファミリータイプは選ぶ必要が無く、申し込みで自動で選ばれる
    ・東日本エリア⇒ファミリー・ギガスピード
    ・西日本エリア⇒ファミリー・スーパーハイスピード
  • 以下のタイプは選ぶ選ぶ必要なし
    ・ファミリー・ハイスピード
    ・ファミリー
  • ファミリー・ライトはネットをほとんど使わない人向け
  • ファミリー・10ギガはネットにこだわる人だけ選ぶ

 

以上で、ファミリータイプのご紹介を終わります。

 

まとめの最後に、ソフトバンク光では専用ページからの申し込みで限定キャッシュバックがあります。

専用ページへのリンクは以下に設置していますので、こちらから手続きしてくださいね。

 

もり

ソフトバンク光の限定特典はとてもお得ですよ。

 

ソフトバンク光の申し込みで
限定キャッシュバック

キャンペーンサイトへ

<キャッシュバック専用のサイト>

 

 

もり

ご紹介した専用ページは、一番お得な申込先でした。

詳しく調べた結果は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

 

-ソフトバンク光

Copyright© かんたんネット選び【光回線】 , 2022 All Rights Reserved.